FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page » Next
2019-11-16 (Sat)

『アドリブ』佐藤まどか

『アドリブ』佐藤まどか

☆☆☆内容紹介イタリア、トスカーナの小さな町に暮らす少年、ユージ。フルートとの電撃的な出会いから5年、ユージは岐路に立たされていた。本気でめざしても、プロになれるのはひと握り。クラシック音楽界のきびしさを目の当たりにした、15歳のユージの決断とは……?...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
イタリア、トスカーナの小さな町に暮らす少年、ユージ。
フルートとの電撃的な出会いから5年、
ユージは岐路に立たされていた。
本気でめざしても、プロになれるのはひと握り。
クラシック音楽界のきびしさを目の当たりにした、
15歳のユージの決断とは……?

Read More

スポンサーサイト



2019-11-16 (Sat)

『お母さんはだいじょうぶ 認知症と母と私の20年』楠章子

『お母さんはだいじょうぶ 認知症と母と私の20年』楠章子

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)認知症を描いたベストセラー絵本&映画『ばあばは、だいじょうぶ』の著者、実母の介護生活でたどりついた明るく幸せな介護への道!後悔と罪悪感を抱え、たくさん泣いてきた20年。世の中は助け合いでまわっていると知った。家族の愛と涙あふれる介護エッセイ&4コマまんが!...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
認知症を描いたベストセラー絵本&映画『ばあばは、だいじょうぶ』の著者、実母の介護生活でたどりついた明るく幸せな介護への道!後悔と罪悪感を抱え、たくさん泣いてきた20年。世の中は助け合いでまわっていると知った。家族の愛と涙あふれる介護エッセイ&4コマまんが!

Read More

2019-11-11 (Mon)

『世界で一番かわいそうな私たち 第三幕』綾先隼

『世界で一番かわいそうな私たち 第三幕』綾先隼

☆☆☆+内容紹介フリースクール〈静鈴荘〉に通う岩瀬知香は、中学校への復学を強要する母親との問題に悩んでいた。彼女が学校に行けない「本当の理由」を告げられた新米教師の佐伯道成は、先輩教師の舞原杏と救済の道を探す。そして明らかになる杏に隠された「世界で一番かわいそうな夫婦」の秘密。戦後最大の未解決事件が起きた十年前に時計の針は巻き戻され、すべての罪は白日の下にさらされる。シリーズ完結巻!...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
フリースクール〈静鈴荘〉に通う岩瀬知香は、中学校への復学を強要する母親との問題に悩んでいた。彼女が学校に行けない「本当の理由」を告げられた新米教師の佐伯道成は、先輩教師の舞原杏と救済の道を探す。そして明らかになる杏に隠された「世界で一番かわいそうな夫婦」の秘密。戦後最大の未解決事件が起きた十年前に時計の針は巻き戻され、すべての罪は白日の下にさらされる。シリーズ完結巻!

Read More

2019-11-11 (Mon)

『世界で一番かわいそうな私たち 第二幕』綾崎隼

『世界で一番かわいそうな私たち 第二幕』綾崎隼

☆☆☆+内容紹介フリースクール〈静鈴荘〉で教師として働きはじめた佐伯道成は、一人の生徒を追い詰める深刻なトラブル――謂れのない罪の告発と嫌がらせに直面する。大人の悪意から子どもを守ろうと必死に奔走する佐伯だったが、先輩教師の舞原杏が選択した救済のカタチはあまりにも意外なものだった。一方、心を閉ざしていた〈静鈴荘〉の住人・三好詠葉にも変化が訪れ、残酷すぎる恋物語が動き出す!...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
フリースクール〈静鈴荘〉で教師として働きはじめた佐伯道成は、一人の生徒を追い詰める深刻なトラブル――謂れのない罪の告発と嫌がらせに直面する。大人の悪意から子どもを守ろうと必死に奔走する佐伯だったが、先輩教師の舞原杏が選択した救済のカタチはあまりにも意外なものだった。一方、心を閉ざしていた〈静鈴荘〉の住人・三好詠葉にも変化が訪れ、残酷すぎる恋物語が動き出す!

Read More

2019-11-10 (Sun)

『世界で一番かわいそうな私たち」綾先隼

『世界で一番かわいそうな私たち」綾先隼

☆☆☆+内容紹介戦後最大の未解決事件に巻き込まれた十年前のあの夏から、声を失った三好詠葉、十七歳。彼女は舞原杏が教壇に立つフリースクール――静鈴荘で傷を抱える子どもたちと学び、穏やかに暮らしていた。佐伯道成が教師として働きはじめるまでは……。詠葉の揺れる心に気付かぬまま、生徒の不登校を解決しようと奮闘する佐伯。彼が辿り着いた正解とは?...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
戦後最大の未解決事件<瀬戸内バスジャック事件>に巻き込まれた十年前のあの夏から、声を失った三好詠葉、十七歳。彼女は舞原杏が教壇に立つフリースクール――静鈴荘で傷を抱える子どもたちと学び、穏やかに暮らしていた。佐伯道成が教師として働きはじめるまでは……。詠葉の揺れる心に気付かぬまま、生徒の不登校を解決しようと奮闘する佐伯。彼が辿り着いた正解とは?

Read More

2019-11-07 (Thu)

小学1・2年生ブックトーク テーマは「7」

小学1・2年生ブックトーク テーマは「7」

小規模校での「みんなの本だな」でのブックトーク私は1・2年生担当で実施日が11月7日、ということから、テーマを「7」としました。最初に7冊、7を連想しやすい本を出しておいて、今日のテーマを予想させます。その七冊のかんたんな紹介とその他の「7」で構成...

… 続きを読む

小規模校での「みんなの本だな」でのブックトーク
私は1・2年生担当で
実施日が11月7日、ということから、テーマを「7」としました。
最初に7冊、7を連想しやすい本を出しておいて、今日のテーマを予想させます。その七冊のかんたんな紹介とその他の「7」で構成

Read More

2019-11-04 (Mon)

『線は僕を描く』

『線は僕を描く』

☆☆☆内容紹介小説の向こうに絵が見える! 美しさに涙あふれる読書体験両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。描くのは「命」。はじめての水墨画に...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
小説の向こうに絵が見える! 美しさに涙あふれる読書体験

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。
描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は、線を描くことで次第に恢復していく。

絶賛の声、続々!!!

自分の輪郭を掴む、というのは青春小説の王道たるテーマと言っていい。それを著者は、線が輪郭となり世界を構成する水墨画と見事に重ね合わせてみせた。こんな方法があったのか。
青春小説と芸術小説が最高の形で融合した一冊である。強く推す。
――大矢博子(書評家)

水墨画という非言語の芸術分野を題材にした小説で、架空の登場人物が手にした人生とアートの関係性、時空をも越えたコミュニケーションにまつわる真理を、反発心や違和感など一ミリも感じることなく、深い納得を抱いて受け取ることができた。それって、当たり前のことじゃない。一流の作家だけが成し遂げることのできる、奇跡の感触がここにある。
――吉田大助(ライター)

Read More

2019-11-02 (Sat)

『いけない』道尾秀介

『いけない』道尾秀介

☆☆☆+内容紹介騙されては、いけない。けれど絶対、あなたも騙される。『向日葵の咲かない夏』の原点に回帰しつつ、驚愕度・完成度を大幅更新する衝撃のミステリー!第1章「弓投げの崖を見てはいけない」自殺の名所付近のトンネルで起きた交通事故が、殺人の連鎖を招く。第2章その話を聞かせてはいけない」友達のいない少年が目撃した殺人現場は本物か? 偽物か?第3章「絵の謎に気づいてはいけない」宗教団体の幹部女性が死体で発見さ...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
騙されては、いけない。けれど絶対、あなたも騙される。

『向日葵の咲かない夏』の原点に回帰しつつ、驚愕度・完成度を大幅更新する衝撃のミステリー!

第1章「弓投げの崖を見てはいけない」
自殺の名所付近のトンネルで起きた交通事故が、殺人の連鎖を招く。
第2章その話を聞かせてはいけない」
友達のいない少年が目撃した殺人現場は本物か? 偽物か?
第3章「絵の謎に気づいてはいけない」
宗教団体の幹部女性が死体で発見された。先輩刑事は後輩を導き捜査を進めるが。

どの章にも、最後の1ページを捲ると物語ががらりと変貌するトリックが……!
ラストページの後に再読すると物語に隠された〝本当の真相〟が浮かび上がる超絶技巧。
さらに終章「街の平和を信じてはいけない」を読み終えると、これまでの物語すべてがが絡み合い、さらなる〝真実〟に辿り着く大仕掛けが待ち受ける。

「ここ分かった!?」と読み終えたら感想戦したくなること必至の、体験型ミステリー小説。

Read More

2019-10-29 (Tue)

『夏の陰』岩井圭也

『夏の陰』岩井圭也

☆☆☆内容紹介出会ってはならなかった二人の対決の行方は――。「罪」と「赦し」の物語。運送会社のドライバーとして働く倉内岳は、卓越した剣道の実力を持ちながら、公式戦にはほとんど出場したことがなかった。岳の父である浅寄准吾は、15年前、別居中だった岳と母の住むアパートに立てこもり、実の息子である岳を人質にとった。警察との膠着状態が続いた末、浅寄は機動隊のひとりを拳銃で射殺し、その後自殺する。世間から隠れるよ...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
出会ってはならなかった二人の対決の行方は――。「罪」と「赦し」の物語。

運送会社のドライバーとして働く倉内岳は、卓越した剣道の実力を持ちながら、公式戦にはほとんど出場したことがなかった。岳の父である浅寄准吾は、15年前、別居中だった岳と母の住むアパートに立てこもり、実の息子である岳を人質にとった。警察との膠着状態が続いた末、浅寄は機動隊のひとりを拳銃で射殺し、その後自殺する。世間から隠れるように生きる岳だったが、自分を剣道の道に引き入れてくれた恩人の柴田の願いを聞き入れ、一度だけ全日本剣道選手権の京都予選に出場することを決意する。予選会の日、いかんなく実力を発揮し決勝に進出した岳の前に、一人の男が立ちはだかる。辰野和馬、彼こそが岳の父親が撃ち殺した機動隊員の一人息子だった。「死」を抱えて生きてきた者同士、宿命の戦いが始まる――。

Read More

2019-10-26 (Sat)

『スベらない同盟』にかいどう青

『スベらない同盟』にかいどう青

☆☆☆+内容紹介レオは、自他ともに認めるイケてる中学2年生。軽音部ではメインボーカルだし、運動だってできる。トークスキルもばつぐんだし、みんなが自分を頼ってくるのも当然だ。学校でひとりになることほど、こわいものはない。だから、一人でいることを気にしていない風の藍上が気になる。クラスのやつにこれ以上いじめられないように、藍上を軽音部に誘うが……。ちょっとしたことから、クラスの最下層に転落したレオ。自分とい...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
レオは、自他ともに認めるイケてる中学2年生。軽音部ではメインボーカルだし、運動だってできる。トークスキルもばつぐんだし、みんなが自分を頼ってくるのも当然だ。学校でひとりになることほど、こわいものはない。だから、一人でいることを気にしていない風の藍上が気になる。クラスのやつにこれ以上いじめられないように、藍上を軽音部に誘うが……。ちょっとしたことから、クラスの最下層に転落したレオ。自分といることで、人気者にしてやろうと、無意識に見下していた藍上にも去られてしまう。どうする、レオ!最後まで一瞬も目が離せない、ちょっぴり切なく、さわやかな読後感のYA小説! この本は、読み終わったら、必ず、読み返したくなる!

Read More

2019-10-23 (Wed)

『どこよりも遠い場所にいる君へ』阿部暁子

『どこよりも遠い場所にいる君へ』阿部暁子

☆☆☆+内容紹介ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。そして、身元不明。入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール!...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
ある秘密を抱えた月ヶ瀬和希は、知り合いのいない環境を求め離島の采岐島高校に進学した。
采岐島には「神隠しの入り江」と呼ばれる場所があり、夏の初め、和希は神隠しの入り江で少女が倒れているのを発見する。病院で意識をとり戻した少女の名は七緒、16歳。そして、身元不明。入り江で七緒がつぶやいた「1974年」という言葉は? 感動のボーイ・ミーツ・ガール!

Read More

2019-10-21 (Mon)

小学校授業支援ブックトーク「1年生は名探偵!かくれんぼ名人をさがせ!」

小学校授業支援ブックトーク「1年生は名探偵!かくれんぼ名人をさがせ!」

光村の国語1年生「うみのかくれんぼ」子ども達は、教科書の例文で生き物がどのように隠れるかを読み取っていく学習をする。他の生き物のかくれんぼを本から見つけることができる、そんな読み取りの力をつけることが最終目標として、そのための支援ブックトーク調べたことを書くための調べカード(A4)作成配布 板書用の帯を用意・・「課題」〜テーマ          「なぜ隠れるか」〜見つからないため、安心して眠るため、上...

… 続きを読む

光村の国語1年生「うみのかくれんぼ」
子ども達は、教科書の例文で生き物がどのように隠れるかを読み取っていく学習をする。
他の生き物のかくれんぼを本から見つけることができる、そんな読み取りの力をつけることが最終目標として、
そのための支援ブックトーク
調べたことを書くための調べカード(A4)作成配布 
板書用の帯を用意・・「課題」〜テーマ
          「なぜ隠れるか」〜見つからないため、安心して眠るため、上手に獲物をとるため
          「しらべること」〜生き物の名前、どんな生き物か どうかくれるか
          「調べるときの約束」〜調べた本の名前をかく
課題の答を見つけたら、その部分に付せんを付ける方法を見せながらのブックトークをする
テーマは「かくれんぼ名人をさがせ!」
シナリオは

Read More

2019-10-15 (Tue)

『彼女と彼女の猫』新海誠原作 永川成基著

『彼女と彼女の猫』新海誠原作 永川成基著

☆☆☆内容紹介新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から笑顔がなくなっていく。拾われた猫たちを軸に描かれる、四つの連作短編。「彼女はいつでも誰よりも優しくて、誰よりもき...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
新海誠の幻のデビュー作が小説となって息を吹き返す!
アニメとは異なる視点で描いたもうひとつの『彼女と彼女の猫』。
都会で一人暮らしをする女性が、ある日偶然猫を拾った。
自分の感情を言葉にするのが苦手な彼女と、彼女の不器用さをそばで見守る猫。
友人との言葉の掛け違いを境に、彼女の日常から笑顔がなくなっていく。
拾われた猫たちを軸に描かれる、四つの連作短編。

「彼女はいつでも誰よりも優しくて、誰よりもきれいで、誰よりも懸命に生きている」(本文より)

《目次》
第1話 ことばの海
第2話 はじまりの花
第3話 まどろみと空
第4話 せかいの体温

Read More

2019-10-15 (Tue)

『夢見る帝国図書館』中島京子

『夢見る帝国図書館』中島京子

☆☆☆☆内容紹介「図書館が主人公の小説を書いてみるっていうのはどう?」作家の〈わたし〉は年上の友人・喜和子さんにそう提案され、帝国図書館の歴史をひもとく小説を書き始める。もし、図書館に心があったなら――資金難に悩まされながら必至に蔵書を増やし守ろうとする司書たち(のちに永井荷風の父となる久一郎もその一人)の悪戦苦闘を、読書に通ってくる樋口一葉の可憐な佇まいを、友との決別の場に図書館を選んだ宮沢賢治の哀しみ...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
「図書館が主人公の小説を書いてみるっていうのはどう?」
作家の〈わたし〉は年上の友人・喜和子さんにそう提案され、帝国図書館の歴史をひもとく小説を書き始める。もし、図書館に心があったなら――資金難に悩まされながら必至に蔵書を増やし守ろうとする司書たち(のちに永井荷風の父となる久一郎もその一人)の悪戦苦闘を、読書に通ってくる樋口一葉の可憐な佇まいを、友との決別の場に図書館を選んだ宮沢賢治の哀しみを、関東大震災を、避けがたく迫ってくる戦争の気配を、どう見守ってきたのか。
日本で最初の図書館をめぐるエピソードを綴るいっぽう、わたしは、敗戦直後に上野で子供時代を過ごし「図書館に住んでるみたいなもんだったんだから」と言う喜和子さんの人生に隠された秘密をたどってゆくことになる。
喜和子さんの「元愛人」だという怒りっぽくて涙もろい大学教授や、下宿人だった元藝大生、行きつけだった古本屋などと共に思い出を語り合い、喜和子さんが少女の頃に一度だけ読んで探していたという幻の絵本「としょかんのこじ」を探すうち、帝国図書館と喜和子さんの物語はわたしの中で分かち難く結びついていく……。

知的好奇心とユーモアと、何より本への愛情にあふれる、すべての本好きに贈る物語!

Read More

2019-10-07 (Mon)

『天才ルーシーの計算ちがい』ステイシー・マカナルティ

『天才ルーシーの計算ちがい』ステイシー・マカナルティ

☆☆☆☆内容紹介ルーシーはある日、雷に打たれて、数学の天才になってしまいました。でも、変わったのは良いことばかりではなく、潔癖症になり、学校に行けなくなりました。大学進学だって可能な12歳のある日、おばあちゃんがルーシーに課題を出します。それは、中学校に1年間通い、友だちを1人作ること、課外活動1つに参加し、数学の教科書以外の本を1冊読むことでした。このミッションが、ルーシーの人生を大きく変えるのでした。カ...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
ルーシーはある日、雷に打たれて、数学の天才になってしまいました。でも、変わったのは良いことばかりではなく、潔癖症になり、学校に行けなくなりました。大学進学だって可能な12歳のある日、おばあちゃんがルーシーに課題を出します。それは、中学校に1年間通い、友だちを1人作ること、課外活動1つに参加し、数学の教科書以外の本を1冊読むことでした。このミッションが、ルーシーの人生を大きく変えるのでした。


カーカスレビューや学校図書館ジャーナルでも高評価! NPR ベストブックスオブザイヤー、カーカスレビュー ベストブックスオブザイヤー選出作品。

ルーシーはある日、雷に打たれて、数学の天才になってしまいました。でも、変わったのは良いことばかりではなく、潔癖症になり、学校に行けなくなりました。数学専門のSNSでも認められる存在となり、大学進学だって可能といわれた12歳のある日、おばあちゃんがルーシーに課題を出します。それは、中学校に1年間通い、友だちを1人作ること、課外活動1つに参加し、数学の教科書以外の本を1冊読むことでした。このミッションは、ルーシーにとって大変でしたが、彼女の運命は大きく変わり始めるのです……。清々しく、勇気がもらえ、ほろりとくる物語です。

Read More

2019-10-05 (Sat)

『82年生まれ、キム・ジョン』チョ・ナムジュ

『82年生まれ、キム・ジョン』チョ・ナムジュ

☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依...

… 続きを読む


☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。
ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかの様子のキム・ジヨン。
誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児……キム・ジヨン(韓国における82年生まれに最も多い名前)の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。

「キム・ジヨン氏に初めて異常な症状が見られたのは九月八日のことである。(……)チョン・デヒョン氏がトーストと牛乳の朝食をとっていると、キム・ジヨン氏が突然ベランダの方に行って窓を開けた。日差しは十分に明るく、まぶしいほどだったったが、窓を開けると冷気が食卓のあたりまで入り込んできた。キム・ジヨン氏は肩を震わせて食卓に戻ってくると、こう言った」(本書p.7 より)

「『82年生まれ、キム・ジヨン』は変わった小説だ。一人の患者のカルテという形で展開された、一冊まるごと問題提起の書である。カルテではあるが、処方箋はない。そのことがかえって、読者に強く思考を促す。
小説らしくない小説だともいえる。文芸とジャーナリズムの両方に足をつけている点が特徴だ。きわめてリーダブルな文体、等身大のヒロイン、ごく身近なエピソード。統計数値や歴史的背景の説明が挿入されて副読本のようでもある。」(訳者あとがきより)

Read More

2019-10-04 (Fri)

中学3年生ブックトーク「世界を広げる」

中学3年生ブックトーク「世界を広げる」

中学校で授業時間を使って、ブックトーク後、生徒は本選び、それが学級文庫になる、という活動で、私は3年生のブックトークを担当。今回は7月に1年生に行ったブックトークのテーマと同じで、本を全部変えて行った。テーマ「世界を広げる」シナリオは...

… 続きを読む

中学校で授業時間を使って、ブックトーク後、生徒は本選び、それが学級文庫になる、という活動で、私は3年生のブックトークを担当。今回は7月に1年生に行ったブックトークのテーマと同じで、本を全部変えて行った。

テーマ
「世界を広げる」
シナリオは

Read More

2019-09-17 (Tue)

『逃げ出せなかった君へ』安藤祐介

『逃げ出せなかった君へ』安藤祐介

☆☆☆☆内容紹介働くことを通して生きるとは何かを問う。命と仕事の6つの物語。ブラック企業に入社した三人の同期、大友、夏野、村沢。早朝から深夜まで個人宅や企業への飛び込み営業を命じられ、休む間もなく会社に泊まり込む毎日。心身共に疲弊しきった三人は、ある日思い立って深夜の居酒屋に向かう。非人間的な毎日のなか、一杯の生ビールで久しぶりに人間らしく笑い合えた三人だったが、極悪上司に目を付けられて過酷な追い込み...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
働くことを通して生きるとは何かを問う。命と仕事の6つの物語。

ブラック企業に入社した三人の同期、大友、夏野、村沢。早朝から深夜まで個人宅や企業への飛び込み営業を命じられ、休む間もなく会社に泊まり込む毎日。心身共に疲弊しきった三人は、ある日思い立って深夜の居酒屋に向かう。非人間的な毎日のなか、一杯の生ビールで久しぶりに人間らしく笑い合えた三人だったが、極悪上司に目を付けられて過酷な追い込みにあった夏野は――。
やる気のない居酒屋のアルバイター、定年の日を迎えた男、暴走しがちな池袋警察署交通課員……。夏野の選択はすれ違うだけのはずだった人々の人生をも変えていく。
『本のエンドロール』で大注目の著者が描く、命と仕事の6つの物語。

Read More

2019-09-16 (Mon)

小学2年生ブックトークテーマ「飼ってみたら」

小学2年生ブックトークテーマ「飼ってみたら」

春と夏、町内の全小学校全学年に毎年行っているブックトーク、授業時間に行って子ども達はその時間で本を選んで各クラス70冊程の学級文庫になります。図書館司書、ボランティアでクラスを分担して行っています。2000年に始まりもう19年目になりました。4月に私が担当したのは2年生テーマは「飼ってみたら」以前に放課後教室(学童)で全学年向けに行ったテーマを使い、2年生向けの本を選びました。普通なら飼育本も混ぜる...

… 続きを読む

春と夏、町内の全小学校全学年に毎年行っているブックトーク、授業時間に行って子ども達はその時間で本を選んで各クラス70冊程の学級文庫になります。
図書館司書、ボランティアでクラスを分担して行っています。
2000年に始まりもう19年目になりました。

4月に私が担当したのは2年生
テーマは「飼ってみたら」
以前に放課後教室(学童)で全学年向けに行ったテーマを使い、2年生向けの本を選びました。
普通なら飼育本も混ぜる所ですが、このクラスには前年、「せいかつ」で虫の飼い方の載っている本を沢山教室に入れているので、今回はあえて入れませんでした。
シナリオは

Read More

2019-09-14 (Sat)

ブックトークの作り方

ブックトークの作り方

 数年前になりますが、図書館ボランティアや学校の先生達が集まる講習会で、「ブックトークの作り方」について話をしたことがあります。もちろん「私の作り方」です。未経験の方にもやってみようと思えるように、先生達がほんのちょっとした時間に2〜3冊で5分程度で行えるミニブックトークや、ボランティアが行うわりとフォーマルなブックトーク等、実演を交えながらお話ししました。その時の内容を...

… 続きを読む

 数年前になりますが、図書館ボランティアや学校の先生達が集まる講習会で、「ブックトークの作り方」について話をしたことがあります。もちろん「私の作り方」です。未経験の方にもやってみようと思えるように、先生達がほんのちょっとした時間に2〜3冊で5分程度で行えるミニブックトークや、ボランティアが行うわりとフォーマルなブックトーク等、実演を交えながらお話ししました。
その時の内容を

Read More

2019-09-14 (Sat)

『ぼくは恐竜探検家!」小林快次

『ぼくは恐竜探検家!」小林快次

☆☆☆内容紹介「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。・恐竜少年あらわる/悩み続けた留学1年目/研究者としての第一歩/恐竜発見の醍醐味/これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!「はやぶさの目」とよばれる、気鋭...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。・恐竜少年あらわる/悩み続けた留学1年目/研究者としての第一歩/恐竜発見の醍醐味/これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!


「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。

・恐竜少年あらわる
・悩み続けた留学1年目
・研究者としての第一歩
・恐竜発見の醍醐味
・これからの恐竜研究

恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

Read More

2019-09-09 (Mon)

社会教育主事さんたちへブックトークの紹介 「宮澤賢治の世界」

社会教育主事さんたちへブックトークの紹介 「宮澤賢治の世界」

今年3月に後志管内社会教育主事等研修会というのがあって、学校図書館の活用について知りたいということで町の図書館としてどう学校図書館を支援しているかを、具体的に色々紹介しました。その中で、授業の中で行うブックトークについても紹介したのですが、ブックトークについて聞いたことがない、という方がほとんどでしたので、イメージを持ってもらうために、授業で行っているものを少しコンパクトにして実演しました。201...

… 続きを読む

今年3月に後志管内社会教育主事等研修会というのがあって、
学校図書館の活用について知りたいということで
町の図書館としてどう学校図書館を支援しているかを、具体的に色々紹介しました。
その中で、授業の中で行うブックトークについても紹介したのですが、ブックトークについて聞いたことがない、という方がほとんどでしたので、イメージを持ってもらうために、授業で行っているものを少しコンパクトにして実演しました。

2019.2 生涯学習と読書活動 ブックトーク紹介 宮澤賢治
 ブックトークというのは、本のコマーシャルなんです。
テーマに沿って複数の本を一つのストーリーとしてつなげて紹介することで本への興味を引き出す方法としてとても有効なものです。
今学校では、読む力を付けるということで、教科書単元に関連した並行読書というのをよくやるんですね。その時にただ関連する本を教室に置くというだけではなく、読むことへの動機付けとしてブックトークをその教科で行っています。
光村の6年生の国語に、作者宮澤賢治の生き方や考え方を知って作品を味わうという単元があり、教科書では作品として「やまなし」、賢治の生き方について「イーハトーブの夢」という賢治を研究している人の文章が出ています。そこで教科書を進めながら、子ども達に賢治のいろんな作品に触れさせたいという担任の依頼でブックトークをしています。実際には授業時間いっぱい使った長いものですが、今日は20分くらいのダイジェスト版で、こんな感じというのを紹介してみようと思います。

ブックトークシナリオは

Read More

2019-09-09 (Mon)

2年生国語「たんぽぽのちえ」ブックトーク

2年生国語「たんぽぽのちえ」ブックトーク

2019年5月 光村国語の2年生単元「たんぽぽのちえ」で説明文の読み取りを学び、子ども達は最終的に、植物の本から知恵を見つけ出して書く、という表現活動をします。そのための本を選ぶコツや読み取り方を交えたブックトークをしました。テーマは「植物の知恵と秘密を見つけろ大作戦」シナリオは...

… 続きを読む

2019年5月 光村国語の2年生単元「たんぽぽのちえ」で説明文の読み取りを学び、子ども達は最終的に、植物の本から知恵を見つけ出して書く、という表現活動をします。
そのための本を選ぶコツや読み取り方を交えたブックトークをしました。
テーマは「植物の知恵と秘密を見つけろ大作戦」
シナリオは

Read More

2019-09-07 (Sat)

『きみの存在を意識する』梨屋アリエ

『きみの存在を意識する』梨屋アリエ

☆☆☆☆内容紹介血のつながりのない同い年の姉は、本を読むのが、深刻に苦手。様々な見えにくい困難を見えないことにしないだれか達の話────中学2年の石崎ひすいの担任は読書活動に熱心。読んだ冊数を班ごとに競わせるが、ひすいは本を読むのが非常に困難。1冊をなかなか読み切れず、肩身が狭くなる。同じクラスの猪熊心桜は、提出した読書カードの字が下手で、担任に差し替えられる。国語の追試をパソコンで受けさせてほしいと「合理...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
血のつながりのない同い年の姉は、
本を読むのが、深刻に苦手。

様々な見えにくい困難を見えないことにしないだれか達の話

────

中学2年の石崎ひすいの担任は読書活動に熱心。読んだ冊数を班ごとに競わせるが、ひすいは本を読むのが非常に困難。1冊をなかなか読み切れず、肩身が狭くなる。
同じクラスの猪熊心桜は、提出した読書カードの字が下手で、担任に差し替えられる。国語の追試をパソコンで受けさせてほしいと「合理的配慮」を求める心桜を、担任は否定する。
また、読書記録はプライバシーなので開示したくない、とカードを提出しない入来理幹のことも担任は認めない。理幹は、男か女か区別を求められることにも疑問を感じている。
クラス委員賀川小春の親友の尾木留美名は教室が臭いと言って別室登校を続けている。彼女は特定の臭いに過剰反応してしまう。辛さをぶつけてくる留美名に対応するストレスで、小春の調子もくるいだす。
両親と死別し、養育里親の養子になった石崎拓真は、ある日、同い年の姉ひすいと同じ家で暮らしていることをからかわれて──

さまざまな、見えにくい困難を抱える子どもたち。
どうしたらいいか、彼らは葛藤し、何かをつかんでいく。



<目次>
おぼろ月、名残り月
自分の正体スペクトル
血のインク
出さない手紙
ゴルディロックスの行方

あとがき

Read More

2019-09-04 (Wed)

『問題だらけの女性たち』ジャッキー・フレミング

『問題だらけの女性たち』ジャッキー・フレミング

☆☆☆メディア掲載レビューほか天才が助長した偏見ジャッキー・フレミングの『問題だらけの女性たち』には、19世紀ヴィクトリア朝時代のとんでもない女性観が、彼女の絵とともにこれでもかと紹介されている。〈女性は夜はよく目が見えなかったので、外出は許されていませんでした。また、どこに連れていくにも感情的すぎたので、たいてい家の中でしくしく泣いていました〉この一例も含め、あまりに非科学的な迷信や固定観念が女性た...

… 続きを読む


☆☆☆
メディア掲載レビューほか
天才が助長した偏見

ジャッキー・フレミングの『問題だらけの女性たち』には、19世紀ヴィクトリア朝時代のとんでもない女性観が、彼女の絵とともにこれでもかと紹介されている。

〈女性は夜はよく目が見えなかったので、外出は許されていませんでした。また、どこに連れていくにも感情的すぎたので、たいてい家の中でしくしく泣いていました〉

この一例も含め、あまりに非科学的な迷信や固定観念が女性たちを支配した。そんな偏見を作りあげたのはもちろん男性なのだが、驚くのは、多くの天才たちがその形成を担っていた事実だ。

〈娘たちには人生の初期に挫折させてやる必要がある〉と語ったのは、18世紀の思想家ルソー。〈女性は芸術やほかのいかなる分野においても、真に優れた、独創的な偉業を成し遂げることができない〉は哲学者ショーペンハウアー。〈女性がボールを投げようとしている姿は見るも無残で拍手をしているほうが自然〉は近代五輪の父、クーベルタン男爵。他にもダーウィンらの苦笑するしかない言説が登場するのだが、笑うたびに、当時の女性たちが味わった理不尽がじわっと伝わってくる。

彼女たちは何をしても問題だらけと見なされ、業績どころか存在までも歴史のゴミ箱に捨てられてきた。だから作者は、〈かつて世界には女性が存在していませんでした〉と巻頭に記した。

ユーモアを忘れない皮肉の力が描いた19世紀の、男尊女卑の実態。それらを遠い過去の問題と笑ってばかりいられないのは、各国で次々と露見するセクハラ事件を見れば明らかだろう。男女平等はまだまだまだ途上なのだ。

評者:長薗安浩

(週刊朝日 掲載)

Read More