FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page » Next
2020-02-17 (Mon)

『ぼくの帰る場所』S・E・デュラント

『ぼくの帰る場所』S・E・デュラント

☆☆☆内容紹介主人公AJは走るのが速い11歳の男子。両親には障害があって、お金や書類のことなどが処理できない。常に家族を支えてくれていた祖父が急に亡くなり、AJはこれからも3人で暮らしていくために自分ががんばろうと決心する。内容(「BOOK」データベースより)ぼくがほかの11歳の男子とちがうのは、走るのが速いってことはべつにして、両親に学習障害があるという点だ。でもそれはたいしたことじゃない。ほんとうに。べつにぼ...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
主人公AJは走るのが速い11歳の男子。両親には障害があって、お金や書類のことなどが処理できない。常に家族を支えてくれていた祖父が急に亡くなり、AJはこれからも3人で暮らしていくために自分ががんばろうと決心する。

内容(「BOOK」データベースより)
ぼくがほかの11歳の男子とちがうのは、走るのが速いってことはべつにして、両親に学習障害があるという点だ。でもそれはたいしたことじゃない。ほんとうに。べつにぼくが両親の面倒を見ているわけじゃない。たがいに助け合って暮らしているだけだから。おじいちゃんはやっぱりわが家の中心だったんだって、つくづく思う。それまでおじいちゃんが占めていた空間に大きな穴がぽっかりあいたようだった。それでぼくは決意した。その穴をぼくが埋めて、おじいちゃんのように、どんな問題が起きても自分で解決しようって。

Read More

スポンサーサイト



2020-02-11 (Tue)

『まち』小野寺史宣

『まち』小野寺史宣

☆☆☆☆内容紹介人を守れる人間になれ――。じいちゃんが、母が、父が、身をもって教えてくれたこと。「村を出て、東京に行け」と祖父に背中を押され、東京で一人暮らしを始めた瞬一。人と交わり、若者は強く優しく成長していく。尾瀬ヶ原が広がる群馬県利根郡片品村で歩荷をしていた祖父に育てられた江藤瞬一。高校卒業とともに上京し、引越の日雇いバイトをしながら荒川沿いのアパートに住んで四年になる。かつて故郷で宿屋を営んでい...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
人を守れる人間になれ――。
じいちゃんが、母が、父が、身をもって教えてくれたこと。
「村を出て、東京に行け」と祖父に背中を押され、東京で一人暮らしを始めた瞬一。
人と交わり、若者は強く優しく成長していく。

尾瀬ヶ原が広がる群馬県利根郡片品村で歩荷をしていた祖父に育てられた江藤瞬一。
高校卒業とともに上京し、引越の日雇いバイトをしながら荒川沿いのアパートに住んで四年になる。
かつて故郷で宿屋を営んでいた両親は小学三年生のときに火事で亡くなった。
二人の死は、自分のせいではないかという思いがずっと消えずにいる。
近頃は仕事終わりにバイト仲間と他愛のない話をしたり、
お隣の母子に頼まれて虫退治をしたり、町の人々に馴染みつつあった。
そんなある日、突然祖父が東京にやって来ると言い……。
ひとがつながり、まちができる。僕にもうひとつ、帰る場所ができた。

Read More

2020-02-11 (Tue)

『星くずクライミング』樫崎茜

『星くずクライミング』樫崎茜

☆☆☆内容紹介ふたりでなら 見えない壁だって 登り切れる中学1年生のあかりは、小学4年生でスポーツクライミングに出会って以来、毎日のように練習を重ねてきたが、年明けの大会で、スランプにおちいってしまう。スポーツクライミングをやめてしまおうか、とまで考えていたあかりだったが、ひょんなことから、目の不自由な人たちのスポーツクライミング、パラクライミングと出会う。ナビゲーターとクライマーが2人1組となり、ウォー...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
ふたりでなら 見えない壁だって 登り切れる

中学1年生のあかりは、小学4年生でスポーツクライミングに出会って以来、毎日のように練習を重ねてきたが、年明けの大会で、スランプにおちいってしまう。スポーツクライミングをやめてしまおうか、とまで考えていたあかりだったが、ひょんなことから、目の不自由な人たちのスポーツクライミング、パラクライミングと出会う。
ナビゲーターとクライマーが2人1組となり、ウォールをのぼっていくパラクライミング。目の不自由な人が本当に壁を登れるのか、と半信半疑な気もちだったあかりは、実際に壁をのぼっていくクライマーの姿を目にし、感動を覚える。
ナビゲーター役として体験イベントに参加したあかりが、ペアを組むことになったのは、同い年の昴というクライマーだった。態度も口も悪い昴のことを、はじめは嫌っていたあかりだったが……

2020年にむけて読者の関心の高まる「パラスポーツ」をテーマにした創作児童文学。主人公・あかりとパラクライマー・昴の物語を通して、「視覚障害やパラスポーツへの理解」をうながす、ほかにはない児童文学です。

Read More

2020-02-10 (Mon)

『店長がバカすぎて』早見和真

『店長がバカすぎて』早見和真

☆☆☆内容紹介「幸せになりたいから働いているんだ」谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。山本猛(たける)という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、日々忙しく働いている。あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
「幸せになりたいから働いているんだ」
谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。
現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。
山本猛(たける)という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、
文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、
日々忙しく働いている。
あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。
そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。

Read More

2020-02-08 (Sat)

『となりのアブダラくん』黒川裕子

『となりのアブダラくん』黒川裕子

内容紹介自分の趣味を人に知られたくない、悩める小6男子。ある日、日本語を話せないパキスタンからの転校生のお世話係にさせられたのだけれど……。その子は、宗教が違うし、文化も、見た目もちがう。そもそも、うまく話が通じないのに、どうやってわかり合うんだよ? ひとつひとつ大切なことに気づかされる、さわやかでワクワクがいっぱいのお話です。内容(「BOOK」データベースより)ぼくたちの学校に、イスラムキョウの転校生が...

… 続きを読む


内容紹介
自分の趣味を人に知られたくない、悩める小6男子。ある日、日本語を話せないパキスタンからの転校生のお世話係にさせられたのだけれど……。その子は、宗教が違うし、文化も、見た目もちがう。そもそも、うまく話が通じないのに、どうやってわかり合うんだよ? ひとつひとつ大切なことに気づかされる、さわやかでワクワクがいっぱいのお話です。
内容(「BOOK」データベースより)
ぼくたちの学校に、イスラムキョウの転校生がやってきた!お肉とか、食べちゃいけないんだっけ?しょっちゅう拝んだりするんでしょ?布で体をぐるぐるまきにしてる!?さいしょはチンプンカンプンで、知りもしないのにテキトーいってたけど…、じかにふれて、のぞきこんで、少しずつ変わっていったんだ。これは、「きみ」と、きみのとなりにいるかもしれない、「ともだち」のおはなし。小学校高学年から。

Read More

2020-02-03 (Mon)

『オオカミが来た朝』ジュディス・クラーク

『オオカミが来た朝』ジュディス・クラーク

☆☆☆+内容紹介「オオカミが来た朝」1935年。父親を亡くした少年ケニー・シンクレアは、家族のために学校をやめて仕事を探すことになった。折しも大恐慌の時代、内気で自信のないケニーは不安でいっぱいだった。寒い冬の朝、自転車で出かけようとするケニーに、母親はある約束をさせる。「メイおばさん」1957年。ケニーの二人の娘、クライティとフランシスはけんかばかりしている。ある日一家のもとに、年老いたメイおばさんがやっ...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
「オオカミが来た朝」
1935年。父親を亡くした少年ケニー・シンクレアは、家族のために学校をやめて仕事を探すことになった。折しも大恐慌の時代、内気で自信のないケニーは不安でいっぱいだった。寒い冬の朝、自転車で出かけようとするケニーに、母親はある約束をさせる。

「メイおばさん」
1957年。ケニーの二人の娘、クライティとフランシスはけんかばかりしている。ある日一家のもとに、年老いたメイおばさんがやってくる。夜中にソーセージを焼いたり、亡くなった親友を訪ねにいこうとしたりと、おかしな言動を繰り返すおばさんに、娘たちは振りまわされるが……。

「字の読めない少女」
1954年~1959年。3年生になったフランシスの前に、年上の大柄な少女ボニーが立ちはだかる。いやがらせばかりするのでみんなから嫌われているボニーは、その後何年も同じ学年を繰り返し、フランシスと6年生で同じクラスになった。ボニーは字が読めなかった。

「想い出のディルクシャ」
1975年。シンクレア家の近くに、ウガンダから難を逃れてやってきたインド人一家が住んでいる。その子どもたち、カンティとラージ兄弟は、学校の先生や同級生、近所の人々の無理解や差別に苦しんでいた。ある日カンティは、いつもあたたかく見守ってくれるケニーの前で泣き出してしまう。

「冬のイチジク」
1991年。フランシスは結婚して、夫と3歳の息子とともにイスラエルに住んでいる。人々は、近づいてくる戦争の気配におびえながら暮らしていた。そんなある日、息子のガブリエルが、季節はずれのイチジクをねだる。いつも日曜日に買い物に出かけていた、アラブ人の市場にならあるはずだというのだが……。

「チョコレート・アイシング」
2002年。クライティの孫のジェイムズに聞こえてくる「いやな音」、それは両親がけんかをしてどなりあう声だった。幼い弟のデイビーには「いやな音」を聞かせたくないと奮闘するジェイムズの前に、ある晩、自転車に乗った少年があらわれる。

Read More

2020-02-02 (Sun)

『キセキのスパゲッティ』

『キセキのスパゲッティ』

内容紹介小学4年生の渉はおばあちゃん子。町内会のお祭りの打ち合わせの日、勇気を出しておばあちゃんの失敗から生まれたイチゴソースの「うっかりスパゲッティー」をメニューにしたい、と提案した。すると、同じクラスになったばかりの真奈もお兄ちゃんが作ったグラタン風の「かみなりスパゲッティー」を、ユジュンとジーナは韓国海苔とタリアテッレで作る「カンタリアン」を提案し、試食会に用意することになった。3つのスパゲ...

… 続きを読む


内容紹介
小学4年生の渉はおばあちゃん子。町内会のお祭りの打ち合わせの日、勇気を出しておばあちゃんの失敗から生まれたイチゴソースの「うっかりスパゲッティー」をメニューにしたい、と提案した。すると、同じクラスになったばかりの真奈もお兄ちゃんが作ったグラタン風の「かみなりスパゲッティー」を、ユジュンとジーナは韓国海苔とタリアテッレで作る「カンタリアン」を提案し、試食会に用意することになった。3つのスパゲッティーはどれもレシピなしで作ったオリジナル。偶然できたキセキのスパゲッティーだ。 渉は年老いていくおばあちゃんが心配だし、サッカークラブの仲間ユジュンともふとしたことから気まずくなったし、どちらにも自分の気持ちがうまく伝えられない。 真奈は初めてクラスがいっしょになった、イタリア人父と日本人母の娘、ジーナのようにハキハキと物が言えず、悩んでいた。韓国人のユジュンはサッカーのポジション決めのときにライバルに言われたひと言に傷つき、ジーナと悩みを共感しあっている。 スパゲッティーにまつわる想いがからまって、それぞれの気持ちが重なっていき……。自分の気持ちを伝えることのたいせつさ、家族や友だちへの思いが伝わる1冊です。巻末には、3つのスパゲッティーのレシピ付き。

Read More

2020-02-01 (Sat)

『手紙 ふたりの奇跡』福田隆浩

『手紙 ふたりの奇跡』福田隆浩

☆☆☆☆内容紹介秋田に住む小六の穂乃香は、調べ学習で使ったインターネットで偶然『祖父の思い出』という作文で入賞をした耕治のことを知る。穂乃香は昨年急に亡くなった母の少女時代の大切な思い出の謎を探すため、勇気を出して長崎に住む耕治の小学校へ手紙を送る─。秋田に住む小六の穂乃香は、亡き母の少女時代の大切な思い出の謎を探すため、勇気を出して長崎に住む耕治の小学校へ手紙を送る─。『ふたり』が感想文全国コンクール...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
秋田に住む小六の穂乃香は、調べ学習で使ったインターネットで偶然『祖父の思い出』という作文で入賞をした耕治のことを知る。穂乃香は昨年急に亡くなった母の少女時代の大切な思い出の謎を探すため、勇気を出して長崎に住む耕治の小学校へ手紙を送る─。


秋田に住む小六の穂乃香は、亡き母の少女時代の大切な思い出の謎を探すため、勇気を出して長崎に住む耕治の小学校へ手紙を送る─。『ふたり』が感想文全国コンクール課題図書に、『香菜とななつの秘密』が厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選ばれるなど、人気、実力を兼ね備えた現役教師作家、福田隆浩氏により感動作。
「この手紙は、長崎市の東山小学校に届いていますか?
そして、6年生の吉野耕治さんの手元へ届いているでしょうか?
そうなっていることを信じて、続きを書くことにします。

はじめまして!
わたしの名前は清水穂乃香といいます。秋田県秋田市にある桜坂小学校に通う小学6年生です。
吉野さんが、この手紙を読んでいるとしたら、きっとびっくりしていることと思います。
だって、会ったこともない、まったく知らない子から、突然こんな手紙が届いたのですから。
─中略─
お母さんの人生って、いったいなんだったのだろう……。
最近、よくそのことを考えてしまいます。
自分のために生きていたのかなあって。うれしいことあったのかなあ。きらきら輝いていたことがあったのかなあって……。
でも、お母さんがすっごく笑って、本当に本当に楽しそうにしていたことがありました。
そう。
それが、長崎での出来事について、わたしに話してくれたときでした。」(本文より)

Read More

2020-01-28 (Tue)

『魔女の子ども』ケリー・バーンヒル

『魔女の子ども』ケリー・バーンヒル

内容紹介ふたごの少年タムとネッド。母親は「魔女さん」と呼ばれ、村人が病気や怪我をしたとき、また災害時には魔法を使って人々を助けていた。少年二人はあるとき川に出かけて事故にあい、タムが亡くなってしまう。深く傷ついたネッドは、それ以来、口がきけなくなってしまう。母親の留守中、代わりに「魔法」をあずかることになったネッドは、魔法を奪い取ろうとする者から逃げだして冒険の旅へ……。『月の光を飲んだ少女』でニュ...

… 続きを読む


内容紹介
ふたごの少年タムとネッド。母親は「魔女さん」と呼ばれ、村人が病気や怪我をしたとき、また災害時には魔法を使って人々を助けていた。少年二人はあるとき川に出かけて事故にあい、タムが亡くなってしまう。深く傷ついたネッドは、それ以来、口がきけなくなってしまう。母親の留守中、代わりに「魔法」をあずかることになったネッドは、魔法を奪い取ろうとする者から逃げだして冒険の旅へ……。『月の光を飲んだ少女』でニューベリー賞を受賞したケリー・バーンヒルの作品。

Read More

2020-01-14 (Tue)

『月まで三キロ』伊与原新

『月まで三キロ』伊与原新

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)「月は一年に三・八センチずつ、地球から離れていってるんですよ」。死に場所を探してタクシーに乗った男を、運転手は山奥へと誘う。―月まで三キロ。「実はわたし、一三八億年前に生まれたんだ」。妻を亡くした男が営む食堂で毎夜定食を頼む女性が、小学生の娘に伝えたかったこと。―エイリアンの食堂。「僕ら火山学者は、できるだけ細かく、山を刻むんです」。姑の誕生日に家を出て、ひとりで...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
月は一年に三・八センチずつ、地球から離れていってるんですよ」。死に場所を探してタクシーに乗った男を、運転手は山奥へと誘う。―月まで三キロ。「実はわたし、一三八億年前に生まれたんだ」。妻を亡くした男が営む食堂で毎夜定食を頼む女性が、小学生の娘に伝えたかったこと。―エイリアンの食堂。「僕ら火山学者は、できるだけ細かく、山を刻むんです」。姑の誕生日に家を出て、ひとりで山に登った主婦。出会った研究者に触発され、ある決意をする―。―山を刻む。折れそうな心に寄り添う六つの物語。

Read More

2020-01-12 (Sun)

『慟哭は聴こえない』丸山正樹

『慟哭は聴こえない』丸山正樹

☆☆☆☆☆内容紹介何と人間的な優しさに満ちた物語なのだろう。闇が深いほど差しこむ光は尊く美しい。研ぎ澄まされた感性で紡がれた言葉は極めて雄弁だ! (内田 剛氏 三省堂書店有楽町店)「私たちはここにいる」ろう者が抱える様々な困難を手話通訳士の視点から描く、感動のミステリ『龍の耳を君に』の事件を経て、みゆきと再婚した荒井。警察勤めのみゆきにかわり、主夫業に加えて手話通訳士を細々と続けていた。そんなある日、ろうの...

… 続きを読む


☆☆☆☆☆
内容紹介
何と人間的な優しさに満ちた物語なのだろう。
闇が深いほど差しこむ光は尊く美しい。
研ぎ澄まされた感性で紡がれた
言葉は極めて雄弁だ! (内田 剛氏 三省堂書店有楽町店)
「私たちはここにいる」
ろう者が抱える様々な困難を
手話通訳士の視点から描く、感動のミステリ

『龍の耳を君に』の事件を経て、みゆきと再婚した荒井。警察勤めのみゆきにかわり、主夫業に加えて手話通訳士を細々と続けていた。そんなある日、ろうの妊婦からの病院通訳を依頼される。通常は女性通訳が派遣されるのだが、慣れない医療通訳で、妊婦家族は不信感を持ったようだった――。110番や119番の通報の問題のほか、きょうだい児、有名ろう者の在り方、地域手話など、手話通訳士・荒井尚人を通して描いた連作ミステリ。静かな感動を呼ぶ『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』『龍の耳を君に デフ・ヴォイス新章』に続く、シリーズ最新作。

Read More

2020-01-10 (Fri)

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎

☆☆☆+内容紹介待望の最新書き下ろし長篇小説巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を貫いたストーリーによって、伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放ったノンストップ活劇エンターテインメント。異物混入、政治家、アイドル、人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥――。伊坂幸太郎の神髄がここに。内容(「BOOK」データベースより)製菓会社に寄せられた一本のクレーム電話。広報部員・岸はその事後対応をすればよい…はず...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
待望の最新書き下ろし長篇小説

巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を
貫いたストーリーによって、
伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放った
ノンストップ活劇エンターテインメント。


異物混入、政治家、アイドル、
人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥――。

伊坂幸太郎の神髄がここに。

内容(「BOOK」データベースより)
製菓会社に寄せられた一本のクレーム電話。広報部員・岸はその事後対応をすればよい…はずだった。訪ねてきた男の存在によって、岸の日常は思いもよらない事態へと一気に加速していく。不可思議な感覚、人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥。打ち勝つべき現実とは、いったい何か。巧みな仕掛けと、エンターテインメントの王道を貫いたストーリーによって、伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放つ。

Read More

2020-01-06 (Mon)

『読書教育の未来』日本読書学会編

『読書教育の未来』日本読書学会編

☆☆☆+内容紹介日本読書学会設立60周年を記念して企画された「読書」にかかわる研究・実践の集大成。読書と発達、読むことの科学、読書と教育、社会生活と読書など、これまで教育心理学、国語科教育等の分野で示されてきた「読書」に関連する研究・実践の成果を幅ひろく取り上げるとともに、未来に向けて最新の研究動向や教育実践を様々な視点・論点から考察している。研究者、教員、学生、図書館や自治体、出版関係者はもとより、...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容紹介
日本読書学会設立60周年を記念して企画された「読書」にかかわる研究・実践の集大成。読書と発達、読むことの科学、読書と教育、社会生活と読書など、これまで教育心理学、国語科教育等の分野で示されてきた「読書」に関連する研究・実践の成果を幅ひろく取り上げるとともに、未来に向けて最新の研究動向や教育実践を様々な視点・論点から考察している。研究者、教員、学生、図書館や自治体、出版関係者はもとより、読書に関心を持つすべての人に価値ある情報を提供する。

Read More

2020-01-06 (Mon)

『夏物語』川上未映子

『夏物語』川上未映子

☆☆☆内容紹介パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!世界十数ヵ国で翻訳決定! * * * * * * 生まれることに自己決定はない。だが産むことには自己決定がある。この目も眩むような非対称を、 どうやって埋めればよいのか? 母になる女たちは、この暗渠をどうやって越...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――
生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!
世界十数ヵ国で翻訳決定!

* * * * * *

生まれることに自己決定はない。だが産むことには自己決定がある。この目も眩むような非対称を、
どうやって埋めればよいのか? 母になる女たちは、この暗渠をどうやって越したのか? どうすれば、そんな無謀で勝手な選択ができるのか? 作者は、「産むこと」の自己決定とは何か? という、怖ろしい問い、だが、これまでほとんどの産んだ者たちがスルーしてきた問いに、正面から立ち向かう。
――上野千鶴子(「文藝」秋季号)

笑橋で今日も生きる巻子の、物語終盤での言葉に、誰もが泣くだろう。(中略)
この作品は間違いなく傑作である。
――岸政彦(「文學界」8月号)

この作品は、全方向からの意見に耳を傾けているような、極めてフェアな作りになっている。
それも生殖医療を論じる難しさの中で、
子どもを持つ、というシンプルな願いをどう叶えるかと、模索した結果であろう。
川上未映子は、難しいテーマを、異様な密度で書き切った。
――桐野夏生(「文學界」8月号)

これ以上ないほどシリアスな倫理問題を扱っているが、
大阪弁を交えた語りやセリフの爆発的な笑いの威力よ。
破壊と創造を同時になしとげる川上語も堪能されたし。
――鴻巣友季子(「毎日新聞」7月28日書評)

Read More

2020-01-04 (Sat)

『償いの雪が降る』アレン・エスケンス

『償いの雪が降る』アレン・エスケンス

☆☆☆☆内容紹介大学生のジョーは、授業で身の回りの誰かの伝記を書くことになった。適当な身内がいないため訪れた介護施設で、末期がん患者のカールを紹介される。カールは30年前に少女暴行殺人で有罪となった男で、仮出所し施設で最後の時を過ごしていた。カールは「臨終の供述」をしたいとジョーのインタビューに応じる。話を聞くうちにジョーは事件に疑問を抱き、真相を探り始めるが……。バリー賞など三冠獲得、衝撃のデビュー・ミ...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
大学生のジョーは、授業で身の回りの誰かの伝記を書くことになった。適当な身内がいないため訪れた介護施設で、末期がん患者のカールを紹介される。カールは30年前に少女暴行殺人で有罪となった男で、仮出所し施設で最後の時を過ごしていた。カールは「臨終の供述」をしたいとジョーのインタビューに応じる。話を聞くうちにジョーは事件に疑問を抱き、真相を探り始めるが……。バリー賞など三冠獲得、衝撃のデビュー・ミステリ!

Read More

2020-01-02 (Thu)

『九度目の十八歳を迎えた君と』朝倉秋成

『九度目の十八歳を迎えた君と』朝倉秋成

☆☆☆内容紹介出勤前の朝、向かいのホームに君を見つけた僕が恋した十八歳の姿のままで。注目の俊英が贈る、青春と追憶を描いた傑作ミステリ通勤途中のホームで僕は、高校の同級生の姿を目撃する。あの十八歳の時の姿の彼女を――。僕が卒業してからもずっと十八歳のまま高校に通っているという。周囲も不思議とは感じないらしいが、彼女に恋した僕だけが違和感を拭えない。何が彼女をその姿に止めているのだろう? 最初の高校三年生の...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
出勤前の朝、向かいのホームに君を見つけた
僕が恋した十八歳の姿のままで。
注目の俊英が贈る、
青春と追憶を描いた傑作ミステリ

通勤途中のホームで僕は、高校の同級生の姿を目撃する。あの十八歳の時の姿の彼女を――。僕が卒業してからもずっと十八歳のまま高校に通っているという。周囲も不思議とは感じないらしいが、彼女に恋した僕だけが違和感を拭えない。何が彼女をその姿に止めているのだろう? 最初の高校三年生の日々の中にその原因があるはず、そう推理した僕は同級生たちや恩師のもとを訪ねる。『教室が、ひとりになるまで』で注目の俊英が贈る、追憶と青春のミステリ。


Read More

2020-01-02 (Thu)

『プルーストの効果の実験と結果

『プルーストの効果の実験と結果

☆☆☆内容紹介単行本刊行前から注目の「オール讀物」新人賞作家が、2人同時デビュー!「これは2018年恋愛小説短篇のベスト」書評家・杉江松恋はじめてのことをするたび、彼を思い出す――痛々しい自意識過剰、空回る都会への憧れ、思い通りにいかない初恋。思春期の苦くて甘い心情を鮮やかに描き出す、四篇を収録。プルースト効果という言葉を教えてくれたのは、同じクラスの男子「小川さん」だった。「はじめてのキスは想像もつかない...

… 続きを読む


☆☆☆
内容紹介
単行本刊行前から注目の「オール讀物」新人賞作家が、2人同時デビュー!

「これは2018年恋愛小説短篇のベスト」書評家・杉江松恋



はじめてのことをするたび、彼を思い出す――

痛々しい自意識過剰、空回る都会への憧れ、思い通りにいかない初恋。
思春期の苦くて甘い心情を鮮やかに描き出す、四篇を収録。

プルースト効果という言葉を教えてくれたのは、同じクラスの男子「小川さん」だった。
「はじめてのキスは想像もつかないところでしよう」小川さんはそう言ったはずなのに。

【収録作】
「プルースト効果の実験と結果」
「春は未完」
「楽譜が読めない」
「ひどい句点」 ※オール讀物新人賞受賞作

Read More

2020-01-01 (Wed)

『百花』川村元気

『百花』川村元気

☆☆☆+【内容紹介】大晦日、実家に帰ると母がいなかった。息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来事があった。母の記憶が失われていくなかで、泉は思い出す。あのとき「一度、母を失った」こと...

… 続きを読む


☆☆☆+
【内容紹介】
大晦日、実家に帰ると母がいなかった。
息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。
それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。
ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来事があった。
母の記憶が失われていくなかで、泉は思い出す。
あのとき「一度、母を失った」ことを。
泉は封印されていた過去に、手をのばすーー。

現代において、失われていくもの、残り続けるものとは何か。
すべてを忘れていく母が、思い出させてくれたこととは何か。

Read More

2019-12-30 (Mon)

『本好きの下克上 兵士の娘1』香月美夜

『本好きの下克上 兵士の娘1』香月美夜

☆☆☆+内容(「BOOK」データベースより)幼い頃から本が大好きな、ある女子大生が事故に巻き込まれ、見知らぬ世界で生まれ変わった。貧しい兵士の家に、病気がちな5歳の女の子、マインとして…。おまけに、その世界では人々の識字率も低く、書物はほとんど存在しない。いくら読みたくても高価で手に入らない。マインは決意する。ないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書。本に囲まれて生きるため、本を作ることから...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
幼い頃から本が大好きな、ある女子大生が事故に巻き込まれ、見知らぬ世界で生まれ変わった。貧しい兵士の家に、病気がちな5歳の女の子、マインとして…。おまけに、その世界では人々の識字率も低く、書物はほとんど存在しない。いくら読みたくても高価で手に入らない。マインは決意する。ないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書。本に囲まれて生きるため、本を作ることから始めよう!本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー開幕!書き下ろし番外編、2本収録!

Read More

2019-12-30 (Mon)

『万人の父になる 佐竹音次郎物語』横山充男

『万人の父になる 佐竹音次郎物語』横山充男

☆☆☆+内容(「BOOK」データベースより)明治から昭和の時代にかけて、身よりのないこどもたちを救い、家族としていっしょに生活。やがて、“保育の父”とよばれるようになった佐竹音次郎。その一生は、ときに立ちどまり、ときに回り道もしながら、夢に向かって歩みつづけた人生でした。...

… 続きを読む


☆☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
明治から昭和の時代にかけて、身よりのないこどもたちを救い、家族としていっしょに生活。やがて、“保育の父”とよばれるようになった佐竹音次郎。その一生は、ときに立ちどまり、ときに回り道もしながら、夢に向かって歩みつづけた人生でした。

Read More

2019-12-29 (Sun)

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介

☆☆☆+メディア掲載レビューほか本を守ろうとする猫の話デビュー作『神様のカルテ』がヒットし、シリーズ化された著者の長編ファンタジー。主人公の高校生夏木林太郎は「夏木書店」を営む祖父と二人暮らし。その祖父が突然亡くなり、店をたたもうとしていた時、店の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を愛することができない“敵"から、本を助け出すため、林太郎に協力を求める……。世の中を勝ち抜くために“正論"...

… 続きを読む


☆☆☆+
メディア掲載レビューほか
本を守ろうとする猫の話

デビュー作『神様のカルテ』がヒットし、シリーズ化された著者の長編ファンタジー。

主人公の高校生夏木林太郎は「夏木書店」を営む祖父と二人暮らし。その祖父が突然亡くなり、店をたたもうとしていた時、店の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を愛することができない“敵"から、本を助け出すため、林太郎に協力を求める……。

世の中を勝ち抜くために“正論"のように聞こえる理屈を語る“敵"は手ごわい。読者は何が真実なのかわからなくなる。その“敵"に、本のすばらしさを伝える林太郎の姿は、物語が進むほどに凛としていく。成長していく林太郎とともに、読者は「何故、何のために、本を読むのか」を熟考し続けるだろう。読後、「夏木書店」に立ち寄りたくなるに違いない。

評者:相原透

(週刊朝日 掲載)
内容紹介
『神様のカルテ』シリーズ外、初の長編!

「お前は、ただの物知りになりたいのか?」
夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。
痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!

Read More

2019-12-28 (Sat)

『エレベーター』ジェイソン・レナルズ

『エレベーター』ジェイソン・レナルズ

☆☆☆☆内容紹介エドガー賞YA部門、ロサンジェルスタイムズ文学賞YA部門受賞、ニューベリー賞・プリンツ賞オナー、カーネギーメダルショートリストほか多数受賞! ウィルの兄ショーンが何者かに射殺された。ウィルは「掟」に従うため、兄の銃を手に、マンションのエレベーターに乗り込む。 自宅のある7階から1階まで降りる、そのわずかな時間にウィルが出会うのは…… 兄の敵討ちを実行するのか、それとも思いとどまるのか。 「ポエトリ...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
エドガー賞YA部門、ロサンジェルスタイムズ文学賞YA部門受賞、ニューベリー賞・プリンツ賞オナー、カーネギーメダルショートリストほか多数受賞!
ウィルの兄ショーンが何者かに射殺された。ウィルは「掟」に従うため、兄の銃を手に、マンションのエレベーターに乗り込む。 自宅のある7階から1階まで降りる、そのわずかな時間にウィルが出会うのは…… 兄の敵討ちを実行するのか、それとも思いとどまるのか。 「ポエトリー」という斬新な手法で描き出される、ウィルの復讐の行方に注目!

内容(「BOOK」データベースより)
#掟:愛する誰かが殺されたなら、殺したやつを見つけだし、かならずそいつを殺さなければならない。―ウィルの兄が射殺された。悲しみに暮れるウィルが兄の洋服箪笥から見つけたのは、1挺の拳銃。仲間内に伝わる「掟」に従って犯人を殺すため、彼は部屋を抜け出し、エレベーターに乗り込む。自宅のある8階から地上に降りるまでの短い時間に出会ったのは、もう会えるはずのない、「やつら」だった…少年の復讐のゆくえを斬新な手法で描く衝撃作。アメリカ探偵作家クラブ賞、ニューベリー賞銀賞など全10賞受賞。

Read More

2019-12-23 (Mon)

『ヤービの深い秋』梨木香歩

『ヤービの深い秋』梨木香歩

☆☆☆☆内容紹介「季節はもう、いっしんに秋へ向かっているようでした」マッドガイド・ウォーターで暮らすヤービたちに、サニークリフ・フリースクールのウタドリ先生に、そして子どもたちに、秋はひとしくおとずれ、深まっていきます。冬ごもりの支度におおいそがしのヤービたちは、博物学者であったグラン・グランパ・ヤービが、ややこし森でみつけたという、まぼろしのキノコ、ユメミダケを探す冒険に出発します。ユメミダケはかわ...

… 続きを読む


☆☆☆☆
内容紹介
「季節はもう、いっしんに秋へ向かっているようでした」マッドガイド・ウォーターで暮らすヤービたちに、サニークリフ・フリースクールのウタドリ先生に、そして子どもたちに、秋はひとしくおとずれ、深まっていきます。冬ごもりの支度におおいそがしのヤービたちは、博物学者であったグラン・グランパ・ヤービが、ややこし森でみつけたという、まぼろしのキノコ、ユメミダケを探す冒険に出発します。ユメミダケはかわかして粉にして、冬ごもりのときに使うと、夢の中で「たいせつな友だち」に会えるのだといいます。そして、友だちのトリカのお母さんがなやまされている、頭痛の薬にもなるらしいのです。いっぽう同じころ、フリースクールの生徒ギンドロと、ウタドリ先生、庭師のカンヌキさんも、ギンドロの見つけた不思議な手紙に導かれ、テーブル森林渓谷、つまりヤービたちのいうところのややこし森へと向かっていたのでした。ヤービシリーズ待望の第二弾。

Read More

2019-12-21 (Sat)

『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』二宮敦人

『恋のヒペリカムでは悲しみが続かない』二宮敦人

☆☆☆【あらすじ】無料のホストクラブ――巷でそう噂される、謎の洋館「ヒペリカム」では4人の容姿端麗な男たちが共同生活を送っていた。自由気ままな紳士、真面目な眼鏡男子、天真爛漫な王子、そしてクールな元NO.1ホストの檜山。彼は今日も女性客をもてなす。なぜ、彼女たちと無償で向き合うのか? 捨てたはずの過去とは? その胸に秘めた想いが明かされる時、止まっていた時間が動き始める! 全ての悩める人々に幸せを運ぶ感動の恋物語...

… 続きを読む


☆☆☆
【あらすじ】

<全ての恋する人に、幸あれ。>無料のホストクラブ――巷でそう噂される、謎の洋館「ヒペリカム」では4人の容姿端麗な男たちが共同生活を送っていた。自由気ままな紳士、真面目な眼鏡男子、天真爛漫な王子、そしてクールな元NO.1ホストの檜山。彼は今日も女性客をもてなす。なぜ、彼女たちと無償で向き合うのか? 捨てたはずの過去とは? その胸に秘めた想いが明かされる時、止まっていた時間が動き始める! 全ての悩める人々に幸せを運ぶ感動の恋物語!

Read More

2019-12-16 (Mon)

『図書館・まち育て・デモクラシー 瀬戸内市民図書館で考えたこと』嶋田学

『図書館・まち育て・デモクラシー 瀬戸内市民図書館で考えたこと』嶋田学

☆☆☆紹介人々の興味・関心を「持ち寄り」、利用者は世界中の本から自身の気づきを「見つけ」、わかる喜びをほかの人と「分け合う」。図書館は市民の〈知りたい〉を支え、情報のナビゲートを通じて主体性の確立を促す。まちの活性化の鍵は図書館にあると提言する。解説民主主義社会を維持するためには、知る自由、学習する権利が絶対的な基盤である。そのデモクラシーを支えるのが図書館だ。とくに公共図書館は、市民にもっとも身近...

… 続きを読む


☆☆☆
紹介
人々の興味・関心を「持ち寄り」、利用者は世界中の本から自身の気づきを「見つけ」、わかる喜びをほかの人と「分け合う」。図書館は市民の〈知りたい〉を支え、情報のナビゲートを通じて主体性の確立を促す。まちの活性化の鍵は図書館にあると提言する。

解説
民主主義社会を維持するためには、知る自由、学習する権利が絶対的な基盤である。そのデモクラシーを支えるのが図書館だ。とくに公共図書館は、市民にもっとも身近な教育施設として、書物や資料、情報を集積し、著者それぞれの知的営為を持ち寄った場である。

多くの人々の興味・関心を「持ち寄り」、利用者は世界中の本から自身の気づきを「見つけ」、わかる喜びをほかの人と「分け合う」。図書館は市民の〈知りたい〉を支え、情報のナビゲートを通じて主体性の確立を促す。そして、地域の情報ネットワークの中心となって人々に等しく寄り添い、まちの連帯と文化的な発展に寄与していく。まちの活性化の鍵は図書館にあるのだ。

構想段階から市民が参加して新しく作り上げた瀬戸内市民図書館は、2017年に「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー」の大賞に輝く。その館長として図書館と地域の発展に貢献した著者が、自身の図書館員としての体験談を交えながら、地域の住民一人ひとりが主役になって作る現代の公共図書館像を描き出す。

目次
はじめに

第1章 図書館を知っていますか?
 1 図書館があるということ
 2 「わかる」ということ
 3 知りたい、学びたいに応える仕事
 4 図書館という「場所」と「機能」
 コラム 「図書館屋の小さな窓」

第2章 文化としての図書館
 1 文化という「物語」
 2 子どもの文化と図書館
 3 文化格差は埋められるか
 4 文化の自己決定能力
 コラム 「生活文化」と図書館

第3章 持ち寄り・見つけ・分け合う広場を作る――瀬戸内市の図書館づくり
 1 図書館整備とサービスの現前化
 2 正面突破としての「としょかん未来ミーティング」
 3 事業承継策としての人材育成
 4 「もみわ広場」というコミュニティー
 コラム 寄付金に込められた思い

第4章 図書館とまち育て
 1 地方分権から市民自治へ
 2 地域活性化と図書館
 3 社会関係資本(ルビ:ソーシャル・キャピタル)という緩やかなネットワーク
 4 図書館が醸し出すエートス
 コラム 「お客様」という呼称と「消費者民主主義」

第5章 図書館と蔵書づくり
 1 図書館ではどのようにして本が選ばれているか
 2 選書をめぐる論争
 3 地域政策としての蔵書構築
 4 蔵書づくりのあれこれ
 コラム 『ぼくは、図書館がすき』――写真家・漆原宏の流儀

第6章 図書館とデモクラシー
 1 デモクラシーを支える「死者の声」
 2 リベラルアーツと図書館
 3 これからの図書館員の仕事
 4 図書館・まち育て・デモクラシー

Read More