FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ


小学2年生ブックトーク「モンゴルってどんな国?から始まる世界の昔話」

光村国語2年生「スーホの白い馬」の並行読書のために行った授業ブックトーク
トーク時間は35分くらい
残りは自由に読む時間

> > 追加の記事を読む
スポンサーサイト
22:24 | トラックバック:0 | ブックトーク |TOP


『正しい愛と理想の息子』寺地はるな


☆☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
コンビを組む二人は違法カジノで働いていたが失敗ばかり。今度は偽宝石売りでも騙した女に騙され無一文に。切羽詰まったハセは商店街にたむろする老人たちを見て閃いた。これからは、年寄りだ。32歳と30歳。崖っぷち男二人。騙すのは、年寄りだ。さびしさは、利用できる。歪んだ愛を抱え、じたばたする悪党コンビ。注目作家が紡ぐ、泣けるバディ小説!!

> > 追加の記事を読む
21:57 | トラックバック:0 | た行の作家 |TOP


『天地ダイアリー』ささきあり


☆☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
木下広葉、潮風第一中学校一年A組、栽培委員会。上層、中層、下層。スクールカーストのなかで、ぼくも栽培委員会も下層だ。そしてぼくは、マスクをしないと、家から出られない…。
> > 追加の記事を読む
22:00 | トラックバック:0 | 高学年以上向き |TOP


『人間に向いてない』黒澤いづみ


☆☆☆+
ある日突然発症し、一夜のうちに人間を異形の姿へと変貌させる病「異形性変異症候群」。政府はこの病に罹患した者を法的に死亡したものとして扱い、人権の一切を適用外とすることを決めた。十代から二十代の若者、なかでも社会的に弱い立場の人たちばかりに発症する病が蔓延する日本で、異形の「虫」に変わり果てた息子を持つ一人の母親がいた。あなたの子どもが虫になったら。それでも子どもを愛せますか? メフィスト賞受賞作!
> > 追加の記事を読む
15:23 | トラックバック:0 | か行の作家 |TOP


『ゆかいな床井くん』戸森しるこ


☆☆☆+
内容紹介
産経児童文学賞フジテレビ賞を受賞した今一番注目作家の最新作!小学6年生の4月から卒業までの一年間の物語。暦(こよみ)ちゃん、こよみん、ミケ、こよちゃん、暦、三ケ田さん。三ケ田暦(こよみ)は、クラスメイトたちからいろんな名前で呼ばれる。ミケというナイスなあだ名をつけてくれたのは、床井くん。暦は、ユーモアあふれる床井くんから目が離せなくなる

内容(「BOOK」データベースより)
こんなクラスメイトがほしいなぁ。となりの席の床井くんは、ユーモアがあって、考えかたのセンスがよくて、ちょっと変わっている。―六年二組の卒業までの一年間の日常の物語。産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞した注目作家の最新作。

> > 追加の記事を読む
21:57 | トラックバック:0 | 高学年以上向き |TOP


『エヴリデイ』デイビッド・レヴィサン


☆☆☆+
内容紹介
目覚めたら、すぐに「自分がだれか」を把握しなければならない。なぜなら、Aは毎朝、違う人物のからだの中で目覚めるから。共通点は、からだを借りる相手はかならず16才だということ。16才なら、男でも女でもあり得る。住んでいる場所がメリーランド州の一定範囲内であること。からだを借りるのは、一日だけであること。そして、二度と同じ人物にはならないこと。肉体も名前も持たない彼/彼女は、自分のことを「A」とだけ、呼んでいる。

内容(「BOOK」データベースより)
毎日、だれかのからだで目覚める。毎日、ちがう人生を生きる。毎日、きみに恋してる。「こんなにも近くにいるのに、届かない…」マーガレット・A・エドワーズ賞受賞作家が贈る、究極のラブストーリー。

> > 追加の記事を読む
20:08 | トラックバック:0 | ヤングアダルト/ライトノベル |TOP


『2.43 清陰高校男子バレー部 春高編』壁井ユカコ


☆☆☆☆
内容紹介
春の高校バレー開幕!
初出場を決めた福井県代表・清陰高校。
待ち受ける対戦相手は、身長202cmの未来の日本代表候補、川島賢峻を擁する北海道代表・鹿角山高校、インターハイを制した全国王者の福岡代表・箕宿高校、強いバレーを目指す監督のもと全国から選手が集う東京都代表・景星学園……。
だが清陰は、全国の強豪に臆することなく、築き上げてきたチームの力で頂点を目指す。身長163cmの熱血主将・小田と、秀才で毒舌家の副将・青木の3年生コンビ。急遽マネージャーとしてスカウトされた女バレの末森と、彼女に中学時代から想いを寄せてきた棺野の2年生コンビ。そして、セッターとして天才的な力を持ちながら他人と摩擦を起こしてばかりの灰島と、圧倒的な運動能力を持つエースだがプレッシャーに弱い黒羽の1年生コンビ。
この仲間で戦えるのは、今年の春高が最後。だからこそ、負けられない。シリーズ史上最も熱く、最も泣ける、最強の青春スポーツ小説。


> > 追加の記事を読む
22:12 | トラックバック:0 | か行の作家 |TOP


『その年わたしは嘘をおぼえた』ローレン・ウォーク


☆☆☆☆
内容紹介
2つの世界大戦が暗い影を落とす1943年、「オオカミ谷」と呼ばれる丘陵地で静かなくらしを送るわたしの前に、黒い心を持つ少女が現れた。わたしを、わたしの大事な人たちを、傷つけ、わなにかけ、おとしいれていく。わたしは闘うことにした。けれども、ことは、それだけですまなかった――
嘘は真実をよそおい、11歳の少女を迷わせる。せつない決心は、予期せぬ結末へ……2017年ニューベリー賞オナー受賞作。ローレン・ウォーク、輝きのデビュー作。

> > 追加の記事を読む
22:30 | トラックバック:0 | ヤングアダルト/ライトノベル |TOP


『奥のほそ道』リチャード・フラナガン


☆☆☆☆
内容紹介
ブッカー賞受賞作品

 1943年、タスマニア出身のドリゴは、オーストラリア軍の軍医として太平洋戦争に従軍するが、日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ「泰緬鉄道」(「死の鉄路」)建設の過酷な重労働につく。そこへ一通の手紙が届き、すべてが変わってしまう……。
 本書は、ドリゴの戦前・戦中・戦後の生涯を中心に、俳句を吟じ斬首する日本人将校たち、泥の海を這う骨と皮ばかりのオーストラリア人捕虜たち、戦争で人生の歯車を狂わされた者たち……かれらの生き様を鮮烈に描き、2014年度ブッカー賞を受賞した長篇だ。
 作家は、「泰緬鉄道」から生還した父親の捕虜経験を題材にして、12年の歳月をかけて書き上げたという。東西の詩人の言葉を刻みながら、人間性の複雑さ、戦争や世界の多層性を織り上げていく。時と場所を交差させ、登場人物の心情を丹念にたどり、読者の胸に強く迫ってくる。
 「戦争小説の最高傑作。コーマック・マッカーシーの『ザ・ロード』以来、こんなに心揺さぶられた作品はない」(『ワシントン・ポスト』)と、世界の主要メディアも「傑作のなかの傑作」と激賞している。

> > 追加の記事を読む
15:23 | トラックバック:0 | 外国小説 |TOP


『ペンギンは空を見上げる』八重野統摩


☆☆☆
内容紹介
将来、NASAのエンジニアになりたい小学六年生の佐倉ハルくんは、風船宇宙撮影を目指しています。ハルくんは意地っ張りなこともあって、同じクラスに友達はひとりしかいません。しかし、あることをきっかけに、クラスのだれとも話そうとしない、金髪の転校生の女の子に妙になつかれました。結局、撮影は三人で挑むことになりますが……。ハルくんの、夢と努力の物語。奮闘するこの少年を、きっと応援したくなるはずです――読み終えたあとは、もっと。


> > 追加の記事を読む
21:12 | トラックバック:0 | や行の作家 |TOP


『十二人の死にたい子どもだち』冲方丁


☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は一体何者なのか、誰かが彼を殺したのではないか。このまま計画を実行してもいいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、十二人の子どもたちは多数決を取ろうとする。俊英・冲方丁がデビュー20年目にしてはじめて書く、現代長編ミステリー!性格も価値観も環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。彼らが出す結論は―。


> > 追加の記事を読む
18:05 | トラックバック:0 | あ行の作家 |TOP


『神に守られた島』中脇初枝


☆☆☆+
内容(「BOOK」データベースより)
沖永良部島―沖縄のすぐそばにある小さな島は、大戦末期、米軍機による激しい攻撃を受けた。戦況が厳しくなっていくなか、島のこどもたちは戦争を肌で感じつつも、いきいきと過ごしていた。そんなある日、島に特攻機が不時着するという事件が起きる。


> > 追加の記事を読む
17:41 | トラックバック:0 | な行の作家 |TOP


『じっと手を見る』窪美澄


☆☆☆

内容紹介
大切な人を、帰るべき場所を、私たちはいつも見失う――。読むほどに打ちのめされる! 忘れられない恋愛小説

富士山を望む町で介護士として働く日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールだけが息抜きの日奈の生活に、ある時、東京に住む宮澤が庭の草を刈りに、通ってくるようになる。生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。一方、海斗は、日奈への思いを断ち切れぬまま、同僚と関係を深め、家族を支えるためにこの町に縛りつけられるが……。


> > 追加の記事を読む
13:43 | トラックバック:0 | か行の作家 |TOP


『探偵は教室にいない』川澄浩平


☆☆☆
内容紹介
札幌の中学校に通う少女・真史が日々のなかで出会う、ささやかだけど、とても大切な謎。少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。
第二十八回鮎川哲也賞受賞作。

わたし、海砂真史(うみすなまふみ)には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼とは、別々の小学校にはいって以来、長いこと会っていなかった。変わった子だと思っていたけど、中学生になってからは、どういう理由からか学校にもあまり行っていないらしい。しかし、ある日わたしの許に届いた差出人不明のラブレターをめぐって、わたしと彼――鳥飼歩(とりかいあゆむ)は、九年ぶりに再会を果たす。
日々のなかで出会うささやかな謎を通して、少年少女が新たな扉を開く瞬間を切り取った四つの物語。
青春ミステリの新たな書き手の登場に、選考委員が満場一致で推した第二十八回鮎川哲也賞受賞作。


> > 追加の記事を読む
17:01 | トラックバック:0 | か行の作家 |TOP


『ひと』小野寺史宣


☆☆☆
内容紹介
たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。

両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
見えなくなった未来に光が射したのは、
コロッケを一個、譲った時だった――。

激しく胸を打つ、青さ弾ける傑作青春小説!


母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の
僕を東京の大学に進ませてくれた母。――その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。
全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せ
ない日々が続いた。そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた
最後に残った五十円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

そんな君を見ている人が、きっといる――。

> > 追加の記事を読む
16:44 | トラックバック:0 | あ行の作家 |TOP


『ふたりみち』山本幸久


☆☆☆
内容紹介
『愛の讃歌』に乗せて唄い上げる感動の人生劇場! 山本幸久、最高傑作。

元ムード歌謡の歌手で、今は函館の小さなスナックのママ野原ゆかりは、本州をめざし津軽海峡をフェリーで渡っていた。ある事情で抱えた借金返済のため、昔のつてを頼ってコンサートツアーと称したドサ回りの旅に出たのである。船内で偶然知り合った同じ名前の森川縁は、12歳なのになぜかゆかりの唄に興味を持ちついて来てしまう。彼女が母親と喧嘩して家出してきたことを知ったゆかりは、親に連絡させ最終目的の東京まで連れて行くことになる。しかし、彼女のコンサートツアーは、行く先々でトラブルが起きことあるごとに中止になってしまう。なかなかステージに立てないゆかりを支える縁。2人は55歳の歳の差を超えていつか、固いきずなで結ばれていく。そしてついに最後の会場、東京に着いたふたり。ゆかりは、ここだけは絶対に唄い上げるつもりだった。そこには、ゆかりの悲しい過去が刻まれていたのだ。
笑って笑って笑って、そして……ラスト一行に号泣! ピアフの『愛の讃歌』に乗せて描かれる、切なくて人生のすばらしさに打たれる、山本幸久の最高傑作!

> > 追加の記事を読む
12:43 | トラックバック:0 | 山本幸久 |TOP


『青少年のための小説入門』久保寺健彦


☆☆☆
内容紹介
「すげえの書いて、デビューしようぜ」
落ちこぼれヤンキーといじめられっ子中学生が、小説界に殴り込み! ?
小説家を目指すデコボココンビの奮闘を描く、渾身の青春長編小説。

小説家となった入江一真(かずま)のもとに、一枚の葉書が届く。とぎれとぎれの字で「インチキじゃなかったぜ」とだけ書かれたその手紙は、もう20年ほど会っていない「元相棒」から送られてきたものだった――。

1982年4月、中学2年だった一真は、万引きを強要された現場で、ヤンキーの登(のぼる)と出会う。
登は、いじめをやめさせる代わりに、「小説の朗読をして欲しい」と、一風変わった提案を一真に持ちかける。
実は登には「小説を書きたい」という野望があった。
ところが、登は幼いころから自由に読み書きができなかった。
しかし、登には一度聞いた物語は一言一句忘れない特技があり、頭の中に湧き出すストーリーを生かして作家になることを目指していた。そこで、一真に小説を朗読させてコンビで作家になることを目指そうとしたのだ。
はじめは嫌々だった一真だが、たくさんの小説をふたりで読むうちに、「面白い小説を創る」という想いが加速していく。しかし、次々に壁がふたりの前に立ちはだかり……。

熱い友情と挫折を描く、渾身の青春物語。書き下ろし。

> > 追加の記事を読む
17:24 | トラックバック:0 | 久保寺健彦 |TOP


『もう「はい」としか言えない』松尾スズキ


☆☆☆
内容紹介
浮気がばれて、パリへ逃げた。そこに悪夢が待っていた。
もう笑うしかない……松尾スズキ、衝撃の最新小説!

二年間の浮気が、キレイにばれた。別れたくない。二度目の結婚で、孤独な生活はこりごりだ。
妻の黒いヒールスリッパの鼻先に、海馬五郎は土下座するしかなかった……。
無条件降伏として、仕事場の解約と、毎日のセックスを、妻から宣言された。
性に淡白な海馬五郎は、追い詰められて、死すら望むものの、死ねるはずもなく、がんじがらめの日々を過ごしている。
半年ほど息苦しい生活を味わった頃、海馬五郎は、フランスのエドルアール・クレスト賞の受賞を知らされる。
「世界を代表する5人の自由人のための賞……?」
胡散臭いものだが、パリへの旅費と一週間の滞在費を支給してくれるらしい。
飛行機が嫌いで、外国人が怖い海馬五郎も、一週間は妻とのセックスを休めるというので、その誘いにのった。
これが悪夢の旅になったのである。

表題作『もう「はい」としか言えない』の他、海馬五郎の恥ずかしい少年時代をヴィヴィッドに描いた『神様ノイローゼ』をカップリング。
天才・松尾スズキのシュールでエンタテイメント精神にあふれる、まったく新しい小説世界へようこそ!

〈著者プロフィール〉
一九六二年、福岡県出身。
一九八八年に「大人計画」を旗揚げする。主宰として多数の作・演出・出演を務めるほか、エッセイや小説の執筆、映画監督など、その活躍は多岐にわたる。
一九九七年、岸田國士戯曲賞受賞。二〇〇一年、ゴールデン・アロー賞演劇賞受賞。
二〇〇六年、小説『クワイエットルームにようこそ』が芥川賞にノミネート。
二〇〇八年、映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の脚本で、日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。
二〇一〇年、小説『老人賭博』が芥川賞にノミネート。
二〇一八年、「大人計画」は三十周年を迎えた。

> > 追加の記事を読む
12:11 | トラックバック:0 | ま行の作家 |TOP


『ビター・ステップ』高田由紀子


☆☆☆
内容紹介
小5の夏休みの終わり、あかりの家におばあちゃんがやってきた。明るく楽しい大阪人で、仕事もばりばりやってきたおばあちゃんとの生活を楽しみにしていたあかりだが、脳梗塞の後遺症で変わってしまったのを目の当たりにし……。
老い・変化という現実をつきつけられる怒涛の日々のなか、あかりに芽生える初めての感情――家族って、なに? ぶつかりあう家族が、ほろにがくもあたたかな一歩をふみだす、希望の物語。

> > 追加の記事を読む
15:38 | トラックバック:0 | 高学年以上向き |TOP


『ダンデライオン』中田永一


☆☆☆☆
内容紹介
「くちびるに歌を」以来7年ぶりの長編小説

11歳の下野蓮司はある日、病院で目覚めると大人の姿になっていた。20年の歳月が流れていた。そこに恋人と名乗る西園小春が姿を現す。子ども時代と大人時代の一日が交換されたのだ、と彼女は話した。
一方、20年後の蓮司は11歳の自分の体に送り込まれていた。ある目的を達成するために、彼は急いでいた。残された時間は半日に満たないものだった--。

ミリ単位でひかれた、切なさの設計図。著者だからこそできた、完全犯罪のような青春ミステリーの誕生。

> > 追加の記事を読む
14:50 | トラックバック:0 | 中田永一 |TOP


『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』浅原ナオト


☆☆☆☆

内容紹介
繋がれない僕らは、それでも、あたりまえの幸せを手に入れたい。

同性愛者であることを隠して日々を過ごす男子高校生・安藤純は、同級生の女子・三浦紗枝がいわゆる腐女子であることを知り、彼女と急接近する。
異性を愛し、子を成し、家庭を築きたい。
世間が「ふつう」と呼ぶ幸せを手に入れたい。
少年の切実な願いと少女の純粋な想いが交わるとき、そこに生まれるものは――

世間の「ふつう」と、自分の本当にほしいものの差に悩んだことがある全ての人に送る、切なくも暖かい青春小説。

> > 追加の記事を読む
21:28 | トラックバック:0 | ヤングアダルト/ライトノベル |TOP


『鳥達のバラード』泉啓子


☆☆☆
内容紹介
「ストーリー」「アジサイが咲いた」の2話構成です。

「ストーリー」
主人公は中2の梨乃。シングルマザーのお母さんが、8歳年下のカレシ、ニッキこと二木と別れたと言う。
ニッキのことを、すっかりお兄ちゃんみたいに感じていたのに、突然もう会えないなんて……。
でも、ママがニッキと出会うずっと前、わたしがお腹にできたことがそもそもいけなかったの?
もやもやしたまま、一人で街に出た梨乃は、偶然同じ学校の男の子に出会う。空気を読まないけど、なんだかにくめない彼の様子に、少しずつ心がほぐれていき--。

「アジサイが咲いた」
咲希は中2のとき、おねえちゃんの高校の都合で、引っ越しをすることになった。
新しい環境に不安を覚える咲希だが、新しい学校になんとかなじむことができた。でも、変化に適応できなかったのはお母さんのほうで、しだいにふさぎこむようになっていく。
そんなとき、アジサイの咲く路地で、偶然クラスメイトのナル君に出会う。花の話を通して距離を縮めたふたりは、秘密の路地でたびたび会うようになる。
でも、そのナル君には「年上の彼女」のウワサが--。


> > 追加の記事を読む
20:59 | トラックバック:0 | 高学年以上向き |TOP


『ある晴れた夏の朝』小手鞠るい


☆☆☆☆
内容紹介
アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベートする。肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系アメリカ人のメイ(主人公)をはじめ、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。はたして、どのような議論がくりひろげられるのか。そして、勝敗の行方は?

出版社からのコメント
反戦をテーマにした児童文学は、ほぼその刊行国の視点で描かれる場合が通例だが、この作品は、日本人作家による、アメリカ側の視点で描かれた物語である。メインテーマは原爆の是非だが、それぞれの登場人物のおかれた立場から、真珠湾攻撃、日中戦争、ナチズム、アメリカマイノリティなどにも話が及ぶ。
「先の日本で行われた戦争とは、なんだったのか」
日本の若い読者にとっては、対戦国であったアメリカのいまの若者たちの姿を通して、客観的にこのことについて考えることができるだろう。
日本人作家による、YAジャンルのあたらしい試みともいえる作品。


> > 追加の記事を読む
22:26 | トラックバック:0 | 児童書 |TOP


『骨を弔う』宇佐美まこと


☆☆☆+
内容紹介
2018年上半期最大の衝撃と感動

骨格標本が発掘されたことを報じる地元紙の小さな記事を見つけた家具職人・豊は、数十年前の小学生時代、仲間数人で山中に骨格標本を埋めたことを思い出す。
しかし、それは記事の発掘場所とは明らかに異なっていた。同時に、ある確かな手触りから「あれは本当に標本だったのか」との思いを抱いた豊は、今は都内で広告代理店に勤務する哲平に会いに行く。
最初は訝しがっていた哲平も、ふと、記憶の底に淀んでいたあることを口にする。
リーダー的存在だった骨格標本埋葬の発案者・真実子の消息はわからないまま、謎は思いも寄らぬ方向に傾斜していく。

【編集担当からのおすすめ情報】
あえてハードルを上げますが、担当作でここまで掴まれ、揺さぶられ、圧倒的される小説は「サラバ!」以来です。本当に、何度読んでも、そう思います。(担当編集者)

> > 追加の記事を読む
17:43 | トラックバック:0 | あ行の作家 |TOP


『セパ!』虹山つるみ


☆☆☆
内容紹介
劣等感のカタマリだった中学生が、
セパタクローに出会って輝きだす。
異色のスポーツ青春小説!

なんでも万能な兄へのコンプレックスから、自分の殻にこもりがちな中学生の翔。ある出来事をきっかけに、学校にも行けなくなってしまう。だがある日、公園で謎の小学生・レンに出会う。レンは小さなプラスチック製のボールを華麗にあやつり、重力から解き放たれたように空中から蹴りこんだ。それを見て、翔は血が沸騰するような興奮を覚える。そして初めて兄に正面から挑んでいく──。不器用な少年が脱皮していく姿を、ほとばしる熱量と軽やかなユーモアで描く、第7回ポプラズッコケ文学新人賞大賞受賞作!
巻末に「図解セパタクローガイド」付き。

> > 追加の記事を読む
22:59 | トラックバック:0 | 高学年以上向き |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

プロフィール

morinokaori

Author:morinokaori
読んだ本を忘れないように
感想などを綴ったブログです。(備忘録ですから、ネタばれあります)
図書館で司書
司書教諭の資格も取って学校図書館でも活動しています。
ブックトークのシナリオや、図書館を使った授業の内容も

Twitter

ブックトークテーマ

実際に行ったブックトークテーマの記事リンク
☆はアニマシオン的手法を使った(本を使ったゲームなど)もの。学年がないものは全学年に対して行ったものです。
<小学校授業支援>
4年生調べ学習をやってみよう
海の作家 山下明生
アーノルド・ローベル
<小学生対象>
全類おすすめ
いってみよう−1〜3年生対象
まほう
飼ってみたら
行ってみよう
つみあげうた
しらないせかいから
てがみ
たべる
のぞいてみたら

なにがおこるかわからない
としょかんへようこそ
しごと
☆どろぼう
☆すごいちから
推理しよう 今日のテーマはなーんだ?  “7”
きつねがかたるもの
☆「し」であそぼ
☆「あらしの夜に」クイズ大会
☆むかしばなし
☆きみはめいたんてい
こわいがいっぱい-6年生対象
自由研究どうする?
☆へんは楽しい
はな
運動会
上と下
へんしん
奇想天外・摩訶不思議

冬の夜外に出てみたら
とんだ災難
プレゼント
おなかがグ~ッとなるパンのおはなし パート1
おなかがグ~ッとなるパンのおはなし
おふろ
動物物語
えんそく
いただきま~す!
遊びの本
飛ぶ
飛ぶ-5年生対象
ぞう
地図
かず
鬼からはじまる・・

むかしむかし
ねこ
誰の本がおもしろい?
手紙
こわいもの
ことばあそび
<中学生対象>
出会う−2年生対象
変わる・変えるー2年生対象
へ~え~そうなんだ!-1年
へ~え~そうなんだ! パート2-1年
希望-1年
東北-2年
装う-2年

カテゴリ

morinokaoriのおすすめ
児童・生徒向け科学本

morinokaoriの☆☆☆以上児童書

広告

検索フォーム

評価・・こんな基準でつけています。

☆☆☆☆☆・・滅多に出会えない私にとって最高の書(かなり個人的)

☆☆☆☆・・・時間を忘れるほど面白かった。

☆☆☆・・・・良書。おすすめ。

☆☆・・・・・私は共感したり楽しんだりはできなかったけど・・

☆・・・・・・おすすめできない

現在読書中!

morinokaoriのアンテナ

みんなが知りたいLCCの疑問50 運航する旅客機は1機種だけ? 座席の背もたれが倒れないって? (サイエンス・アイ新書)みんなが知りたいLCCの疑問50 運航する旅客機は1機種だけ? 座席の背もたれが倒れないって? (サイエンス・アイ新書)
(2012/03/19)
秋本 俊二

商品詳細を見る
子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由子どもたちに伝えたい―― 原発が許されない理由
(2011/09/22)
小出 裕章

商品詳細を見る
くちぬいくちぬい
(2011/09/26)
坂東 眞砂子

商品詳細を見る
恋愛検定恋愛検定
(2011/08/31)
桂望実

商品詳細を見る
漁港の肉子ちゃん漁港の肉子ちゃん
(2011/09)
西 加奈子

商品詳細を見る
大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり クロスケ、吸血鬼になる (徳間文庫)大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり クロスケ、吸血鬼になる (徳間文庫)
(2011/09/02)
高橋由太

商品詳細を見る
厭な小説 (ノン・ノベル)厭な小説 (ノン・ノベル)
(2011/08/31)
京極夏彦

商品詳細を見る
緑の毒緑の毒
(2011/08/31)
桐野 夏生

商品詳細を見る
葉桜葉桜
(2011/08/26)
橋本 紡

商品詳細を見る
不思議の扉  午後の教室 (角川文庫)不思議の扉 午後の教室 (角川文庫)
(2011/08/25)
大森 望

商品詳細を見る
姫さま、事件です!: ~女子の悩みはいつの時代も同じでございます~姫さま、事件です!: ~女子の悩みはいつの時代も同じでございます~
(2011/08/11)
武蔵守歴女会

商品詳細を見る
森の奥の巨神たち  ロボットカメラがとらえたアジアゾウの生態森の奥の巨神たち ロボットカメラがとらえたアジアゾウの生態
(2011/06/22)
鈴木 直樹

商品詳細を見る
アルカナシカ  人はなぜ見えないものを見るのかアルカナシカ 人はなぜ見えないものを見るのか
(2011/06/22)
田口 ランディ

商品詳細を見る
てふてふ荘へようこそてふてふ荘へようこそ
(2011/05/31)
乾 ルカ

商品詳細を見る
グッバイ・ヒーローグッバイ・ヒーロー
(2011/05/18)
横関 大

商品詳細を見る
ライオンのつづきライオンのつづき
(2011/04/20)
大山 尚利

商品詳細を見る
偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
(2011/04/26)
万城目 学

商品詳細を見る
ばらばら死体の夜ばらばら死体の夜
(2011/05/02)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?
(2011/03/17)
中居 真麻

商品詳細を見る
夫の彼女夫の彼女
(2011/04/20)
垣谷 美雨

商品詳細を見る
僕は、そして僕たちはどう生きるか僕は、そして僕たちはどう生きるか
(2011/04)
梨木 香歩

商品詳細を見る
もじゃもじゃもじゃもじゃ
(2011/04/19)
渡辺淳子

商品詳細を見る
どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私
(2011/04)
石黒 浩

商品詳細を見る
ナニワ・モンスターナニワ・モンスター
(2011/04/21)
海堂 尊

商品詳細を見る
ワーカーズ・ダイジェストワーカーズ・ダイジェスト
(2011/03/25)
津村 記久子

商品詳細を見る
本日は大安なり本日は大安なり
(2011/02/26)
辻村 深月

商品詳細を見る
悲しみの中にいる、あなたへの処方箋悲しみの中にいる、あなたへの処方箋
(2011/02)
垣添 忠生

商品詳細を見る
ダークゾーンダークゾーン
(2011/02/11)
貴志祐介

商品詳細を見る
花の鎖花の鎖
(2011/03/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る
無花果の実のなるころに無花果の実のなるころに
(2011/02/24)
西條 奈加

商品詳細を見る
放課後はミステリーとともに放課後はミステリーとともに
(2011/02/18)
東川 篤哉

商品詳細を見る
爛れた闇の帝国爛れた闇の帝国
(2011/01/28)
飴村 行

商品詳細を見る
Story Seller〈3〉 (新潮文庫)Story Seller〈3〉 (新潮文庫)
(2011/01)
新潮社ストーリーセラー編集部

商品詳細を見る
囲碁小町 嫁入り七番勝負囲碁小町 嫁入り七番勝負
(2011/01/28)
犬飼 六岐

商品詳細を見る
田辺聖子の古典まんだら 上田辺聖子の古典まんだら 上
(2011/01)
田辺 聖子

商品詳細を見る
雪の練習生雪の練習生
(2011/01)
多和田 葉子

商品詳細を見る
おしまいのデートおしまいのデート
(2011/01/26)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る
婢伝五稜郭婢伝五稜郭
(2011/01/07)
佐々木 譲

商品詳細を見る
とっておき名短篇 (ちくま文庫)とっておき名短篇 (ちくま文庫)
(2011/01/08)
不明

商品詳細を見る
一刀斎夢録 上一刀斎夢録 上
(2011/01/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る
一刀斎夢録 下一刀斎夢録 下
(2011/01/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る
聖夜聖夜
(2010/12/09)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る
負けない力2010/12/20橋本治

かたちだけの愛2010/12/10 平野啓一郎

廃院のミカエル廃院のミカエル
(2010/11/26)
篠田 節子

商品詳細を見る
第二音楽室―School and Music第二音楽室―School and Music
(2010/11)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る
本は、これから (岩波新書)本は、これから (岩波新書)
(2010/11/20)
池澤 夏樹

商品詳細を見る
逃げる中高年、欲望のない若者たち逃げる中高年、欲望のない若者たち
(2010/11/20)
村上 龍

商品詳細を見る


わたしが人生について語るなら (未来のおとなへ語る)わたしが人生について語るなら (未来のおとなへ語る)
(2010/11)
加島 祥造

商品詳細を見る
地のはてから(上) (100周年書き下ろし)地のはてから(上) (100周年書き下ろし)
(2010/11/16)
乃南 アサ

商品詳細を見る
ユーラシアの双子 上 (100周年書き下ろし)ユーラシアの双子 上 (100周年書き下ろし)
(2010/11/16)
大崎 善生

商品詳細を見る
砂の王国(上)砂の王国(上)
(2010/11/16)
荻原 浩

商品詳細を見る
砂の王国(下)砂の王国(下)
(2010/11/16)
荻原 浩

商品詳細を見る
「もの忘れ」を防ぐカンタン生活習慣 (だいわ文庫)「もの忘れ」を防ぐカンタン生活習慣 (だいわ文庫)
(2010/11/12)
米山 公啓

商品詳細を見る
若様組まいる (100周年書き下ろし)若様組まいる (100周年書き下ろし)
(2010/11/05)
畠中 恵

商品詳細を見る
御師 弥五郎 お伊勢参り道中記御師 弥五郎 お伊勢参り道中記
(2010/10/29)
西條奈加

商品詳細を見る
木暮荘物語木暮荘物語
(2010/10/29)
三浦しをん

商品詳細を見る
ツナグツナグ
(2010/10)
辻村 深月

商品詳細を見る
at Homeat Home
(2010/10/27)
本多 孝好

商品詳細を見る
はやくはやくっていわないではやくはやくっていわないで
(2010/10/30)
益田ミリ

商品詳細を見る
抱擁、あるいはライスには塩を抱擁、あるいはライスには塩を
(2010/11/05)
江國 香織

商品詳細を見る


剣客瓦版つれづれ日誌剣客瓦版つれづれ日誌
(2010/10/20)
池永 陽

商品詳細を見る


ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター