FC2ブログ

category: 小説  1/9

『徳治郎とボク』花形みつる

No image

☆☆☆出版社からのコメントタマムシのきらめきは、お祖父ちゃんが「ちっせいときの話」をしてくれたあの頃にボクを連れて行ってくれる……。祖父の死を迷いながらうけとめる男の子のガツンとくる物語です。2020年 第67回産経児童出版文化賞大賞...

  •  0
  •  0

『MARCH』ジョン・ルイス

No image

☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)バラク・オバマの大統領就任式の日、ジョン・ルイス下院議員は、これまでの道のりを振り返っていた。それは長い長い闘いの歴史だった。アラバマ州の片田舎で育った少年時代、人生を変えたキング牧師との出会い、ナッシュビル学生運動の誕生、そしてランチ・カウンターでの座り込み…。南部の農場で生まれ育った少年が、いかにして差別に対抗する非暴力の手法を学び、運動に身を投じるようになっ...

  •  0
  •  0

『漂う子』丸山正樹

No image

内容紹介「デフ・ヴォイス」シリーズで話題の著者による傑作長篇!「居所不明児童」――親などに連れられ所在が分からなくなってしまう子どもたち。近年社会問題となっている「闇」を通して、「親と子」の在り方を問う物語。ある日、一人の少女が失踪した。恋人・祥子の教え子で、父親に連れられて姿を消した小学4年生の紗智。彼女を探すことになった二村直は、少女の背後に広がる「居所不明児童」、虐待や棄児、援助交際など、社会の...

  •  0
  •  0

『82年生まれ、キム・ジョン』チョ・ナムジュ

No image

☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依...

  •  0
  •  0

『変身/掟の前で』カフカ

No image

☆☆☆+家族の物語を虫の視点で描いた「変身」。もっともカフカ的な「掟の前で」。カフカがひと晩で書きあげ、カフカがカフカになった「判決」。そしてサルが「アカデミーで報告する」。カフカの傑作4編を、もっとも新しいにもとづいた翻訳で贈る。...

  •  0
  •  0

『ぼくがスカートをはく日』

No image

☆☆☆+内容紹介“ぼくは、ただ、本物の女の子になりたい。"だれにも言えない、12歳のグレイソンの秘密。クラスメートが知ったなら、きっと受け入れてくれない。でもほんとうは、もっと自由に、自分らしく生きたい――。2016年全米図書館協会「レインボー・ブック・リスト」作品。...

  •  0
  •  0

『二日月』いとうみく

No image

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)あたしの妹、1歳の芽生。まだ歩けないし、立てないし、ハイハイも、おすわりもできないし。そういうことができるようになるかもわからない。だけど、芽生はあたしのそばにいる。あたしはいつも、芽生のそばにいる。...

  •  0
  •  0

『嘘の木』フランシス・ハーディング

No image

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)高名な博物学者サンダリー師による世紀の発見、翼ある人類の化石。それが捏造だという噂が流れ、一家は世間の目を逃れるようにヴェイン島へ移住する。だが噂は島まで追いかけてきた。そんななかサンダリー師が死亡する。娘のフェイスは父の死因に疑問を抱くが…。謎めいた父の手記。嘘を養分に育ち、食べた者に真実を見せる実のなる不思議な木。フェイスはその木を利用して、父の死の真相を暴...

  •  0
  •  0

『六花の勇者』1 山形石雄

No image

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心...

  •  0
  •  0

『晴安寺流便利屋帳 天上天下、兄は独尊!の巻』

No image

☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)自他共に認める地味で平凡な女子高生・安住美空は、自他共に認める非凡なる美形の兄・貴海が、実家・晴安寺で開業した便利屋稼業を手伝っている。二月のある日、寺を訪れたのは、兄妹の亡くなった母の親友。貴海ではなく美空に頼みたいという彼女の依頼ごととは…?不器用ながらも依頼人や案件に真剣に向き合う美空と、それをさりげなく見守る兄、次第に周囲の人々も巻き込んでいく、じんわり優...

  •  0
  •  0