FC2ブログ

category: 道尾秀介  1/1

『いけない』道尾秀介

No image

☆☆☆+内容紹介騙されては、いけない。けれど絶対、あなたも騙される。『向日葵の咲かない夏』の原点に回帰しつつ、驚愕度・完成度を大幅更新する衝撃のミステリー!第1章「弓投げの崖を見てはいけない」自殺の名所付近のトンネルで起きた交通事故が、殺人の連鎖を招く。第2章その話を聞かせてはいけない」友達のいない少年が目撃した殺人現場は本物か? 偽物か?第3章「絵の謎に気づいてはいけない」宗教団体の幹部女性が死体で発見さ...

  •  0
  •  0

「鏡の花」道尾秀介

No image

鏡の花(2013/09/05)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆+内容(「BOOK」データベースより)製鏡所の娘が願う亡き人との再会。少年が抱える切ない空想。姉弟の哀しみを知る月の兎。曼珠沙華が語る夫の過去。少女が見る奇妙なサソリの夢。老夫婦に届いた絵葉書の謎。ほんの小さな行為で、世界は変わってしまった。それでも―。六つの世界が呼応し合い、眩しく美しい光を放つ。まだ誰も見たことのない群像劇。...

  •  0
  •  0

「月と蟹」 道尾秀介

No image

月と蟹(2010/09)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―やさしくも哀しい祈りが胸を衝く、俊英の最新長篇小説。...

  •  0
  •  0

「光媒の花」 道尾秀介

No image

光媒の花(2010/03/26)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆内容紹介印章店を細々と営み、認知症の母と二人、静かな生活を送る中年男性。ようやく介護にも慣れたある日、幼い子供のように無邪気に絵を描いて遊んでいた母が、「決して知るはずのないもの」を描いていることに気付く……。三十年前、父が自殺したあの日、母は何を見たのだろうか?(隠れ鬼)/共働きの両親が帰ってくるまでの間、内緒で河原に出かけ、虫捕りをするのが楽しみの小学生...

  •  0
  •  0

「球体の蛇」 道尾秀介

No image

球体の蛇(2009/11/19)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)1992年秋。17歳だった私・友彦は両親の離婚により、隣の橋塚家に居候していた。主人の乙太郎さんと娘のナオ。奥さんと姉娘サヨは7年前、キャンプ場の火事が原因で亡くなっていた。どこか冷たくて強いサヨに私は小さい頃から憧れていた。そして、彼女が死んだ本当の理由も、誰にも言えずに胸に仕舞い込んだままでいる。乙太郎さんの手伝いとして白...

  •  0
  •  0

「鬼の跫音」 道尾秀介

No image

図書館で次々に借り手がつくものだから、職員としては手が出せず、ようやく読むことができました。鬼の跫音(2009/01/31)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆☆短編集なのに、どれもとても中身の濃い作品集。ミステリー、幻想、ホラーが混じり合ったような一冊だった。作者らしい読者を誤導する仕掛けや驚きの結末など、もう一度読み返さずにはいられない。良かったら、クリック応援おねがいします。...

  •  0
  •  0

龍神の雨

No image

龍神の雨(2009/05)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆☆暗くてずぶずぶと沼に埋まって身動きが取れなくなっていくようなミステリーだ。息が詰まるような場面がたびたびで、目が離せず、一気読み。...

  •  0
  •  0

「ラットマン」 道尾秀介

No image

タイトルの「ラットマン」とは、だまし絵のこと。思い込みによって、あるものが別のものに見えてしまう。今回の作品は登場人物達の思い込みが鍵。ラットマン(2008/01/22)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆☆先入観という罠に、登場人物達もだまされるけど、いつものように私もすっかり騙された。...

  •  0
  •  0

「カラスの親指」 道尾秀介

No image

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb(2008/07/23)道尾 秀介商品詳細を見る☆☆☆☆期待を裏切らない面白さ。闇金に人生を狂わされ、詐欺師となった中年男。その男のもとに次々と転がり込んでくる男女4人。全員がまともに働いていない“悪党”ではあるのだが、過去にもつ傷とそのキャラクターに,憎めない5人。彼らが人生の大逆転をかけて,一か八かの詐欺を企てるのだが、その過程はどきどきで、貫太郎が抱えてるらしい秘密にひやひ...

  •  0
  •  0