FC2ブログ

category: 瀬尾まいこ  1/1

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

No image

☆☆☆☆内容紹介森宮優子、十七歳。継父継母が変われば名字も変わる。だけどいつでも両親を愛し、愛されていた。この著者にしか描けない優しい物語。 「私には父親が三人、母親が二人いる。 家族の形態は、十七年間で七回も変わった。 でも、全然不幸ではないのだ。」 身近な人が愛おしくなる、著者会心の感動作...

  •  0
  •  0

『君が夏を走らせる』瀬尾まいこ

No image

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)小さな手。でたらめな歌。喜ぶ顔。増えていく言葉。まっしぐらに走ってくる姿。夏はまだ残っているというのに、それらをすべて手放さないといけないのだ。寂しい、悲しい。そういう言葉はピンとこないけど、体の、生活の、心の、ど真ん中にあったものを、するっと持っていかれるような心地。金髪ピアスの俺が1歳の女の子の面倒をみるなんて!?16歳の少年の思いがけない夏。青春小説の傑作が誕...

  •  0
  •  0

『春戻る』瀬尾まいこ

No image

☆☆☆☆内容紹介結婚を控えたさくらの前に、兄を名乗る青年が突然現れた。どう見ても一回りは年下の彼は、さくらのことをよく知っている。どこか憎めない空気を持つその“おにいさん”は、結婚相手が実家で営む和菓子屋にも顔を出し、知らず知らずのうち生活に溶け込んでいく。彼は何者で目的は何なのか。何気ない日常の中からある記憶が呼び起こされて――。今を精一杯生きる全ての人に贈るハートフルストーリー。...

  •  0
  •  0

「僕の明日を照らして」 瀬尾まいこ

No image

僕の明日を照らして(2010/02/10)瀬尾まいこ商品詳細を見る☆☆☆☆内容紹介隼太は中学2年生、陸上部。ずっとシングルマザーの息子だったが、進級した春に名前が変わり、ひとりの夜は優ちゃんといっしょの夜に変わった。優しくてかっこいい優ちゃんを隼太は大好きだったが、しかし、優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る……。でも絶対に優ちゃんを失いたくない。隼太の闘いが始まる。隼太は明るい明日を見つけることが出来るのか。思わず...

  •  0
  •  0

戸村飯店青春100連発

No image

坪田譲治文学賞受賞作戸村飯店青春100連発(2008/03/20)瀬尾 まいこ商品詳細を見る☆☆☆☆この作家の作品はどれも好き。今回も、面白くて、読後感爽やかな青春もの。...

  •  0
  •  0