FC2ブログ

category: ブックトーク  1/13

小学校1年生対象ブックトーク テーマ「ことばはたのしいまほうつかい」

No image

図書館と小学校との連携で、春と夏の国語の時間に全クラスにブックトークをするこれは「みんなの本だな」という「子供たちが読みたい本を教室に」とボランティアと図書館と行政が協力して2000年の子ども読書年から始まった事業で①導入に大型絵本の読聞かせ等②学年に応じたブックトーク③子供たちの自由選書、読書というプログラムですすめられる。例年、保護者にも参観やお手伝いを呼びかけるが、新型コロナウイルスの感状況もまだ...

  •  0
  •  0

小学校3年生国語「強さと優しさと 斎藤隆介の世界」

No image

教育出版の3年生国語は今「モチモチの木」でそれに合わせて斎藤隆介さんの作品紹介ブックトークをした。大型絵本を3冊使って、読み聞かせだけではなく、紹介にも後ろの方の子にも大きく見えるから書画カメラを使うのは、実物の本とかけ離れてしまうのであまり好きじゃないだから、教室では出来るだけ本を使う。斎藤さんの物語は東北の方言が使われていて、文字を追って読むような子にはハードルが高い。でも声に出すと、文字より...

  •  0
  •  0

小学校2年生国語「ないた赤おに」「お話びじゅつかんを作ろう」授業支援ブックトーク

No image

先日、2年生の国語の時間にブックトークを行った。単元が「ないた赤おに」を学習後、「お話びじゅつかんを作ろう」という単元に繋がっていてそのための読書動機付けのための1コマ授業。ちょうど学芸会の練習で、「スイミー」をやる事になっておりレオニ作品も紹介して欲しいとの担任の要望で、浜田広介とレオ・レオニ作品の二本立てで組み立てる事に。2本立ては、テーマがばらけるのでやった事がないけれども浜田作品で2年生に絵...

  •  0
  •  0

小学校6年生国語「きつねの窓」授業支援ブックトーク テーマ「安房直子さんの不思議な世界」

No image

教育出版の6年生国語で「きつねの窓」がある。この授業の1時間目に、作者の作品紹介で並行読書を進めたいという担任教諭の希望で行ったもの。30分のトークと15分の子供たちの読書タイム、を組み合わせた1コマ授業に。作者の安房直子さんの物語は独特な特徴があります。異世界への誘いのうまさ、命について(生と死)の語り、そこから感じる寂しさや切なさクスッと笑えるそして幸せ感じるユーモア豊かに描かれる自然の中の可愛...

  •  0
  •  0

小学5年生対象ブックトーク「ネコの図書館ご案内します」

No image

年に2回、町の小学校の全ての学級にブックトークをしたあと子どもたちが自由に本を選び学級文庫をつくる活動「みんなの本だな」で私が小学5年生に行ったブックトークのシナリオ...

  •  0
  •  0

中学校1年ブックトーク『ひみつ』

No image

今週15日に中学1年生に国語下授業でブックトークをした。子どもたちが本の紹介をする、という単元があって、そのための本選びのためのブックトーク、という依頼。今回は小説を読ませたい、という国語科教諭の希望ですべて小説で構成した。教科の課題としてこなさなければならない生徒達に、少しでも面白そう、という読む前の動機付けとなるよう選べない生徒が出ないようブックトークの他にも、事前にブックレビューを配布してレビ...

  •  0
  •  0

小学1年生対象ブックトーク「言葉は楽しい魔法使い」

No image

小学校の学級文庫作りのためのブックトークを全クラスに行う「みんなの本だな」今回私が担当するのは1年生テーマは「言葉は楽しい魔法使い」以下シナリオ...

  •  0
  •  0

5年生国語「随筆を書こう」ブックトーク

No image

5年生国語で、随筆を書こうという単元があって、教科書の例題を読んで自分たちも書いてみる、という活動なのだが、随筆を読む体験の少ない子ども達にどんな文章を書くのかイメージを持たせたい、ということでそのための支援授業を行った。ブックトークの手法で本を紹介しながら、題材の見つけ方や、事実と自分の感想を分けて書くための発想の仕方など紹介今回の授業の最終目標は「随筆」を書く、ということですね。皆さんが読む文...

  •  0
  •  0

小学2年生国語「スーホの白い馬」授業支援ブックトーク テーマ「世界に広がる昔話」 

No image

毎年2年生国語「スーホの白い馬」に入った頃、昔話のブックトークをする。目的は色々な国の昔話を読んでみよう、ということで。教材となっている「スーホの白い馬」の描かれるモンゴルの草原の暮らしがイメージ出来るような本も見せる。また、昔話は口伝えの物語なので、その土地によって登場人物や内容が変わりながら伝わっていったことなど、例として見せるのは日本の「ふるやのもり」韓国の「とらとほしがき」バングラディシュ...

  •  0
  •  0

幼児のためのブックトーク「かず」

No image

毎月図書館で、幼児のためのブックトークをしている。年少〜年長対象と年長対象毎月同じメンバーにするのでこんなに小さくてもブックトークが可能となる。トークの時間は15分くらい。引率の先生も一緒に聞くし、幼児達は何をするかわかって来館するので楽しんで集中する。幼児の場合は一方的にならないように、読み合いを意識しながらのブックトークそれと必ず最後までの読聞かせも1〜2冊入れる幼児達は、ブックトークの後自由...

  •  0
  •  0