FC2ブログ

category: 外国小説  1/3

『アーモンド』ソン・ウォンピョン

No image

☆☆☆☆【2020年本屋大賞翻訳小説部門第一位受賞作!】“感情”がわからない少年・ユンジェ。ばあちゃんは、僕を「かわいい怪物」と呼んだ――韓国で30万部突破!「書店員が選ぶ今年の本」(2017)に選ばれた感動のベストセラー小説、ついに上陸! 扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖を感じることができない十六歳のユンジェは、目の前で家族が通り魔に襲われたときも、無表情で見つめているだけだった。そんな彼の前...

  •  0
  •  0

『彼女たちの部屋』レティシア・コロンバニ

No image

☆☆☆+現代、パリ。大きな挫折のあと、弁護士のソレーヌはある保護施設で代書人のボランティアをはじめた。「女性会館」というその施設には、暴力や貧困、差別のせいで住居を追われた人々が暮らしている。自分とはまるで異なる境遇にいる居住者たちの思いがけない依頼に、ソレーヌは戸惑った。それでも、一人ひとりと話して、手紙を綴るなかで、ソレーヌと居住者たちの人生は交わっていく。ここで自分の役割を見つけたと思った矢先...

  •  0
  •  0

「ザリガニの鳴くところ」ディーリア・オーエンズ

No image

☆☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)ノース・カロライナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を向ける。6歳で家族に見捨てられたときから、カイアは湿地の小屋でたったひとり生きなければならなかった。読み書きを教えてくれた少年テイトに恋心を抱くが、彼は大学進学のため彼女のもとを去ってゆく。以来、村の人々に「湿地の少女」と呼ばれ蔑まれながらも、彼女は生き物が自然のままに生きる「ザリ...

  •  0
  •  0

『カモメに飛ぶ事を教えた猫』ルイス・セプルベタ

No image

出版社からのコメント 銀色のカモメ、ケンガーはやっとの思いで原油に覆われた海を飛び立ち、ハンブルクのとあるバルコニーに墜落した。そこには1匹の黒い猫、ゾルバがいた。瀕死のカモメは、これから産み落とす卵をこの猫に託すことになるのだが、その前に3つの厳粛な誓いを立てさせるのだった。 「わたしが産む卵は食べないと、約束して下さい」「そして、ひなが生まれるまで、卵のめんどうをみて下さい」「最後に、ひなに飛ぶ...

  •  0
  •  0

『隠された悲鳴』ユニティ・ダウ

No image

☆☆☆☆内容紹介なにが彼らを“怪物"にしたのかボツワナの現職女性大臣が実際の儀礼殺人事件をもとに描いた驚愕のアフリカ発サスペンス。ある午後、ある村で行方不明になった12歳の少女。村では「儀礼殺人」ではと噂が流れるが、警察は野生動物に襲われたのだと結論づけた。5年後、その村に赴任した若者が、ひょんなことから事件の真相を追うことになる。警察、政治家、実業家、校長、村人、被害者の母…何重にも折り重なった嘘と秘密の...

  •  0
  •  0

『目覚めの森の美女 森と水の14の物語』ディアドラ・サリヴァン

No image

☆☆☆CBI最優秀児童図書賞などアイルランドのYA三賞受賞! 「シンデレラ」「白雪姫」「人魚姫」「美女と野獣」「眠れる森の美女」など14のおとぎ話を再話した、血と陰謀、裏切りと魅惑の匂いが漂う短編集。もしもあなたがこの童話の主人公だったら? 「シンデレラ」「赤ずきん」「ラプンツェル」「ヘンゼルとグレーテル」「ルンペルシュテルツキン」「フェアとブラウンとトレンブリング三姉妹」「白雪姫」「カエルの王様」「青髭」「千...

  •  0
  •  0

『償いの雪が降る』アレン・エスケンス

No image

☆☆☆☆内容紹介大学生のジョーは、授業で身の回りの誰かの伝記を書くことになった。適当な身内がいないため訪れた介護施設で、末期がん患者のカールを紹介される。カールは30年前に少女暴行殺人で有罪となった男で、仮出所し施設で最後の時を過ごしていた。カールは「臨終の供述」をしたいとジョーのインタビューに応じる。話を聞くうちにジョーは事件に疑問を抱き、真相を探り始めるが……。バリー賞など三冠獲得、衝撃のデビュー・ミ...

  •  0
  •  0

『三つ編み』レティシア・コロンバニ

No image

☆☆☆☆フランスで100万部突破! 32言語に翻訳決定、世界中に共感と賛同が広がる!全国図書館協会賞はじめ文学賞8冠達成! この怒りと祈りが私たちをつなぐ。理不尽な人生と闘う3人の女性。遠く離れた彼女たちを支えたのは、髪のきずなだった。3つの大陸、3人の女性、3通りの人生。唯一重なるのは、自分の意志を貫く勇気。インド。不可触民のスミタは、娘を学校に通わせ、悲惨な生活から抜け出せるよう力を尽くしたが、願いは断ち切られ...

  •  0
  •  0

『奥のほそ道』リチャード・フラナガン

No image

☆☆☆☆内容紹介ブッカー賞受賞作品 1943年、タスマニア出身のドリゴは、オーストラリア軍の軍医として太平洋戦争に従軍するが、日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ「泰緬鉄道」(「死の鉄路」)建設の過酷な重労働につく。そこへ一通の手紙が届き、すべてが変わってしまう……。 本書は、ドリゴの戦前・戦中・戦後の生涯を中心に、俳句を吟じ斬首する日本人将校たち、泥の海を這う骨と皮ばかりのオーストラリア人捕虜たち、戦争...

  •  0
  •  0

『CHALK MAN 白墨人形』C・J・チューダー

No image

☆☆☆+スティーヴン・キング強力推薦。少年時代の美しい思い出と、そこに隠された忌まわしい秘密。最終ページに待ち受けるおそるべき真相。世界36か国で刊行決定、叙情とたくらみに満ちた新鋭の傑作サスペンス。あの日。僕たちが見つけた死体。そのはじまりは何だったのか。僕たちにもわからない。みんなで遊園地に出かけ、あの悲惨な事故を目撃したときか。白墨のように真っ白なハローラン先生が町にやってきたときか。それとも僕...

  •  0
  •  0