FC2ブログ

category: 角田光代  1/1

『平凡』角田光代

No image

平凡(2014/05/30)角田 光代商品詳細を見る☆☆☆+つい想像してしまう。もしかしたら、私の人生、ぜんぜん違ったんじゃないかって―― 。もし、あの人と別れていなければ。結婚していなければ。子どもが出来ていなければ。仕事を辞めていなければ。仕事を辞めていれば……。もしかしたら私の「もう一つの人生」があったのかな。どこに行ったって絶対、選ばなかった方のことを想像してしまう。あなたもきっと思い当たるはず、6人の「もしか...

  •  0
  •  0

私のなかの彼女 角田光代

No image

私のなかの彼女(2013/11/29)角田 光代商品詳細を見る☆☆☆☆内容紹介いつも前を行く彼と、やっと対等になれるはずだったのに――。待望の最新長篇小説。「もしかして、別れようって言ってる?」ごくふつうに恋愛をしていたはずなのに、和歌と仙太郎の関係はどこかでねじ曲がった。全力を注げる仕事を見つけ、ようやく彼に近づけたと思ったのに。母の呪詛。恋人の抑圧。仕事の壁。祖母が求めた書くということ。すべてに抗いもがきながら、...

  •  0
  •  0

「曾根崎心中」 角田光代

No image

曾根崎心中(2011/12/22)角田 光代、近松 門左衛門 他商品詳細を見る☆☆☆☆内容紹介著者初の時代小説300年の時を超え、究極の恋物語がふたたび始まる。============愛し方も死に方も、自分で決める。ーー江戸時代、元禄期の大坂で実際に起きた、醤油屋の手代・徳兵衛と、堂島新地の遊女・初の心中事件をもとに書かれた、人形浄瑠璃の古典演目『曾根崎心中』の小説化に、角田光代が挑みました。原作の世界を踏襲しながら、...

  •  0
  •  0

「紙の月」

No image

紙の月(2012/03/15)角田 光代商品詳細を見る☆☆☆☆内容紹介わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した。梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。梨花は果たして逃げ切れるのか?―--自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主婦。年下の大学生・光太と出会ったことから、金銭感覚と日常が少しずつ少しずつ歪んでいき、「私には、ほしいものは、みな手に入る」と思いは...

  •  0
  •  0

「私たちには物語がある」角田光代

No image

私たちには物語がある(2010/04/28)角田 光代商品詳細を見る☆☆☆内容説明人気直木賞作家による、最高の読書案内!小説はもとより、エッセイの名手でもある角田光代さん。本書は、幼い頃から活字を追いかけ、膨大な、そして幸福な時間を過ごしてきた彼女の「読書にまつわるエッセイ」と、さまざまなジャンルにわたる「物語」への愛に満ちた書評からなっています。物語を見渡す、作家ならではの観察眼。そして読書家としての、物語に向...

  •  0
  •  1

「くまちゃん」 角田光代

No image

くまちゃん(2009/03)角田 光代商品詳細を見る☆☆☆この表紙だもの。かわいい話だと思ったら、かなり、痛い恋ばかりでした。...

  •  0
  •  1