FC2ブログ

category: 伊坂幸太郎  1/1

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎

No image

☆☆☆+内容紹介待望の最新書き下ろし長篇小説巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を貫いたストーリーによって、伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放ったノンストップ活劇エンターテインメント。異物混入、政治家、アイドル、人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥――。伊坂幸太郎の神髄がここに。内容(「BOOK」データベースより)製菓会社に寄せられた一本のクレーム電話。広報部員・岸はその事後対応をすればよい…はず...

  •  0
  •  0

『ホワイトラビット』伊坂幸太郎

No image

☆☆☆☆内容紹介楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX! あの泥...

  •  0
  •  1

『AX』伊坂幸太郎

No image

☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)最強の殺し屋は―恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。『グラスホ...

  •  0
  •  0

『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎

No image

アイネクライネナハトムジーク(2014/09/26)伊坂 幸太郎商品詳細を見る☆☆☆+内容紹介ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL……。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! ! 伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!...

  •  0
  •  0

「死神の浮力」

No image

死神の浮力(2013/07/30)伊坂 幸太郎商品詳細を見る☆☆☆+内容紹介『死神の精度』で活躍した「千葉」が8年ぶりに帰ってきました!クールでちょっととぼけた死神を、今度は書き下ろし長編でお楽しみください。...

  •  0
  •  0

「残り全部バケーション」 伊坂幸太郎

No image

残り全部バケーション (集英社文芸単行本)(2013/02/22)伊坂幸太郎商品詳細を見る☆☆☆+内容紹介人生のの物語夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名乗る男とドライブすることに──(第一章「残り全部バケーション」)他、五章構成の連作集。...

  •  0
  •  0

「マリアビートル」 伊坂幸太郎

No image

マリアビートル(2010/09/23)伊坂 幸太郎商品詳細を見る☆☆☆☆内容(「BOOK」データベースより)元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―物騒な奴らが再びやって来た。『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想...

  •  0
  •  0

「バイバイ、ブラックバード」 伊坂幸太郎

No image

バイバイ、ブラックバード(2010/06/30)伊坂 幸太郎商品詳細を見る☆☆☆☆内容紹介「理不尽なお別れはやり切れません。でも、それでも無理やり笑って、バイバイと言うような、そういうお話を書いてみました」(伊坂幸太郎)。太宰治の未完にして絶筆となった「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語!...

  •  0
  •  0

「あるキング」 伊坂幸太郎

No image

あるキング(2009/08/26)伊坂 幸太郎商品詳細を見る☆☆内容紹介天才が同時代、同空間に存在する時、周りの人間に何をもたらすのか?野球選手になるべく運命づけられたある天才の物語。山田王求はプロ野球仙醍キングスの熱烈ファンの両親のもとで、生まれた時から野球選手になるべく育てられ、とてつもない才能と力が備わった凄い選手になった。王求の生まれる瞬間から、幼児期、少年期、青年期のそれぞれのストーリーが、王求の周囲の...

  •  0
  •  0