FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › ブックトーク › 2年生国語「たんぽぽのちえ」ブックトーク
2019-09-09 (Mon)  18:07

2年生国語「たんぽぽのちえ」ブックトーク

2019年5月 光村国語の2年生単元「たんぽぽのちえ」で説明文の読み取りを学び、子ども達は最終的に、植物の本から知恵を見つけ出して書く、という表現活動をします。
そのための本を選ぶコツや読み取り方を交えたブックトークをしました。
テーマは「植物の知恵と秘密を見つけろ大作戦」
シナリオは

「たんぽぽのちえ」国語での勉強はじまりましたね
たんぽぽには大変なことがいっぱいあってもこの地球で生き残っていけるような工夫があって、それがたんぽぽのちえとして教科書には書かれています。
けれどもタンポポだけではなく他の植物にも他の生き物に負けないで生きのこるための工夫や秘密がありそうです。
今日はそんな植物の秘密に答えてくれるそして2年生のみなさんが読める本をどうやって見つけたらいいのか
その本のなかからどうやって、答えを見つけだしたら良いのか、そのヒントを皆さんにお話ししたいと思います。

今日のテーマは
「植物の知恵と秘密を見つけろ大作戦」
どうやって見つける?
今回のみなさんの勉強のために、まず私は図書館へ行きました。そして、植物に関係ある棚に行って本を探しました。
棚の中には沢山の植物の本があります。そこでまず私はどこを見て本を選んだでしょうか?本の題名です。どういう題名を選んだと思う?
植物の名前が入った題名の本を選びました。(本の背を見せて)
これは一つ一つの植物について書いてある本だなと言う事が題名から分かりますね
次に開いてみました。 何をチェックしたかと言うと
ひらがなが多いか、漢字にはふりがながふってあるか、文字が小さすぎないかをチェックしました
文章の量もチェックして、少なめのものを選びました。みんながちゃんと読めるようにです。
これも、本の題名はよさそうですが、字は小さすぎるし、漢字も一杯で読むのが大変そう、なのでこういう本は外しました。

今回、本の題名だけからは、植物について書かれていることがわかりづらいこんな本も入れてあります。

目次を見ると「植物がばける!」
目次を見て気になる所だけを読む、と言う読み方でもいいのです。

ちょっと読んでみましょう
「世界にはふだんなかなか〜どうして花がハチのメスの形をしているのでしょう」
気になる人は、読んでなぞの答えを見つけて下さいね。

今回私は皆さんが勉強するためにちょうどいい本をたくさん選んできました。「はい」と渡すだけじゃなくて、さらにみんなが上手に植物の知恵を探す名探偵になれるようなワザをこれから教えながらブックトークをしたいと思います。


私は最初にまずこの本を選びました。だって花のたね・木の実のちえってタイトルにあってそのままズバリでしょ。スミレとアリ、スミレのたねのちえにありがどういう関係してるんだろう。
ここで、名探偵に便利なアイテムは、付せんです。
本のどこかに何枚かまとめて着けておくといいよ。調べるための読書とか、後で感想を書くための読書のときには、私は必ず付せんを使います。これは重要アイテムですね
今回の読書で使うときはいつかというと
植物のちえについて、初めて知った、みんなに教えたい、すごいっておもった、へ〜ってびっくりした所にはっていくといいよね。
図鑑ではないので、最初から読んでいきます。
どんなことが書いてあったかというと、スミレは色んな所に、びっくりするような所にも咲いています。そしてすみれの種類が色々紹介されていました。いろんな種類があるんだね。
P9ハニーガイド・・ふせん こんな風にね。
本から答えをさがす探偵さんをするときには、気をつけるといい文章があるの。
それは
まず問いかけの言葉
P13 どうして口の長い虫ばかりがやってくるのでしょうか
○のでしょうか?○○なのでしょう・・・問いかけ=なぞ・・こたえはどこ?
そのひみつは〜みつをすいにくるのです
〇〇のです。これはすごくつよめていうときに使う言葉です。
またでてきたよ○○でしょうか。

今度は実がじゅくしてくるころのことですよ。
下をむいていたスミレの実は、まっすぐ〜なにかがおこるのでしょうか

『タンポポのわたげ』もちょっと読んでみましょうか

この本で最初に「〜のでしょうか」がでてくるのはここ(6ページ)
「タンポポの花はどんなふうにひらくのでしょうか。」
どう思う?読んでみるよ 
「かたくとじていたつぼみは〜つぎの日になります」
たんぽぽのタネは教科書にでてくるように花がしぼむと倒れてしまいます(13)
でも
花よりもすごくくきが長くなるの
それはなぜなんでしょう
ここにたんぽぽの知恵がかくされてますよ
それからもう一つ
(25ページ)タンポポが花をいっぱいつけて沢山のタネを作るのはそのためだったのです。
タネを沢山作るわけがこの前の文章に書かれています。わけは皆さん見つけてくださいね。

次に紹介する本もタイトルにちえという言葉がついていたので読んでみました。

最初に紹介したように、14のお話がありますが
そのなかから、
「ハンマーオーキッドとコツチバチ」
ハンマーオーキッドと呼ばれるオーストラリアのランという種類の植物。こんな花なんだけど、この部分が「コツチバチ」というハチのメスにそっくりな色と形なんだって。さらに、コツチバチのメスが雄を呼ぶためにだすにおいもだしているのです。
植物はふつうはちに花の蜜を与える代わりに、花粉を他の花へ運んでもらいます。でもこの花は、蜜を与えずに花粉を運んでもらうのです
その仕組みは、このような具合です。その後読んだらびっくりするよ。だますんだよ。花が虫を。すごい知恵ですよ。


もっと知りたい、とだいめいにあるので、イチゴの事がすごく詳しくかいてあるんじゃないかなあってこの題名から予測できますね。

「わたしたちがうっかり〜(4〜5)
イチゴは、種以外で増えていく事ができるんです。
どういう方法でしょう?
読んでみるときっと発見出来ますよ 

春と言えば

たらのきは山の中にありますが、山菜採りをする人は、たらのき大好きだと思います。スーパーにも春になると売っています。そのくらい人気。
これがたらのきの芽
とってもおいしいので、動物や人にもとられちゃいます。
芽をもがれたたらの木はどうなるでしょう?
  〜 てゆくのです
たらの木にはこの後も、大変なことがいっぱい。
みきに穴を開けられたり、虫に汁をすわれたり、傷だらけになります。
でも、最後読みますよ
「こうしてたらのきは〜のです
みなさん、たらのきの知恵をみつけてくださいね。


種を植えて育つ様子が書かれているんだけど
この本も「〜のです」と「のでしょう」に注目してみますよ。
P9ヒマワリのくきは〜えいようをつくるのです
P19はなはいったいどんなつくりをしているのでしょう
たくさんのはながあつまってできているのです
はなのなかでは いったいなにがおこっているのでしょうか
これはひまわりのたねなのです

ちょっと変わったタイトルの本を見つけました

こうやすすむさんは森や林の研究をする博士です
どんぐりがかいぎするって何を会議するんだろう。なにか困ったことが起きてかいぎしたんだろうな、までは予想できてもそれがなんなのかはわからないね。最初のページに、○○でしょうか、あったよ
ドングリがたくさんなるとしと、すこししかならないとしとが1年おきにありますどうしてでしょうか
 ドングリの木は動物達にドングリを食べられるのが嬉しそうにみていました。
どうしてたべられるのがうれしいかっていうとね、こういう訳なんです
どうぶつたちはどんぐりを沢山食べる代わりに、ドングリの種をすこしうえてくれていたのです。
でも、それだったら、毎年どんぐりいっぱいつけて動物達に食べてもらえばいいじゃない?さいしょの疑問の1年おきにいっぱいなるっていうのはどうしての答えはまだないよね
これも面白いヒミツがわかりそうだね。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-09

Comment







管理者にだけ表示を許可