FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › ブックトーク › 小学1・2年生ブックトーク テーマは「7」
2019-11-07 (Thu)  21:41

小学1・2年生ブックトーク テーマは「7」

小規模校での「みんなの本だな」でのブックトーク
私は1・2年生担当で
実施日が11月7日、ということから、テーマを「7」としました。
最初に7冊、7を連想しやすい本を出しておいて、今日のテーマを予想させます。その七冊のかんたんな紹介とその他の「7」で構成

最初に出したのは












この七冊の絵本を見て何か思いつくことありますか?今日のテーマは、この7冊の本に関係します。

子ども達からは
「昔話」とか「動物」とか

そこで、少しヒント説明
白雪姫が森で見つけた小さな家には、
お皿が七枚、スプーンが7本、ナイフが七本にフォークが七本それにコップも七つ・・7人の小人が住むお家だったんだよね。
しちどぎつねは、一度やられると七回仕返しするキツネのことだよ。
このてんとうむしの星の数は?

子ども達から
「全部七に関係する」
と出てきたので、早速トークの始まり

今日のテーマは「7」です。
7にまつわる面白い本を紹介します。

ここの七冊もせっかく出したので、簡単に紹介しますね

こちらの3冊は、グリムという人が、ヨーロッパに口伝えで伝わるお話を集めて文字にして残してくれた昔話です。
白雪姫とおおかみと七ひきのこやぎは知ってる?
子ども達「知ってる!」
「七わのからす」は知ってるかな?
  子ども達「しらなーい」
これは こんなお話

7人の男の子ばかりの子どもがいた夫婦に女の子が生まれました。ところがこの赤ちゃんは命が持つかわからない程小さくて、お祈りのための水をくんでくるよう男の子達に言いつけます。ところが、水を入れる壷を井戸の中に落としてしまった男の子達は、しかられるのが嫌で家に帰ろうとしませんでした。帰ってこない息子達、女の子が死んでしまうのではと心配のあまり
「どいつもこいつもからすになっちまえ!」と怒鳴ってしまったのです。からすとなってしまった息子達。今更呪いを取り消すことはできません。
けれども女の子は元気をつけて兄さん達のことも知らずきれいな娘になっていきました。
ある日町の噂をきいたのです。
「あの子もきれいになったね、だけど七人のにいさんたちがあんなにむごい目にあったのは、もとはといえば、あの子のせいなんだよ」
女の子はくるひもくるひも兄さん達にすまない気持ちで
「あたしがにいさんたちののろいをといてあげなければ」と考えるようになります。そしてどんなことをしても兄さん達を捜し出して元の姿にしてあげようと家をでたのです。
さあ、ドキドキの物語が始まりますよ。

「しちどぎつね」これは日本の昔話です。
二人の旅人が飲み食いした後の空になった鍋を・・これは盗んできたものなの・・ぽいと放り投げたらきつねのあたまにぽかあり。それが七度ギツネだったんだよね
最初の仕返し始まってますよ。
「あれえ あにやん おおきなかわがあるで」
で二人は着物を脱いでざぶりざぶり
こちらは村の人
「あんれえ みろや。たびのお人がふたあり、まっぱだかで、おめえの麦畑をあるきまわってはる」
この後はどんな仕返しをうけるんでしょうね。

「てんとうむしの本」
てんとう虫はアリマキが大好き。1日に何匹食べられると思う? 50個だって。
今寒くなってみなくなりましたが、どこにいるんでしょう?そんなこともわかりますよ。

「ねずみのいもほり」これは同じシリーズの「ねずみのでんしゃ」読み聞かせしたよね。覚えてる?7人兄弟のネズミの季節の楽しい暮らしが描かれていて、今日は芋掘りを持ってきたよ。あのお話が好きだったら、これも絶対好きだと思うな。
 
「セミとわたしはおないどし」この女の子は1年生7歳です。
家族で公園にセミの抜け殻を探しにいきました。
こーんなに集めたんだって。でもよく見たら、大きさや色、違いがある。で本で調べてみました。
そしたら、一番多かったのは「アブラゼミ」ということがわかりました。
アブラゼミは5〜6年も土の中で少しずつ大きくなるんだって。
だからね、今年の夏鳴いてたアブラゼミは、1年生と同じ年だったんだね。
この本羽化の様子ものっていますが、本物見るときっと美しさにびっくりすると思うよ
来年の夏が楽しみになる1冊です。

ここに出した本以外にどんな7に関する本があるかな
まずは
アフリカのケニアの少女をモデルにしたお話です。
友だちのアケヨへのプレゼントにハンダは7つのおいしそうな果物を選び、かごに乗せました
「アケヨはどのくだものが好きかな?
やわらかいきいろいばななかな?それともいいにおいのグアバかな?まるくてあまいオレンジかしら?」



世界には色んな国があるよね。世界中を回ってアップルパイの材料を集める女の子のお話
材料は
りんご、小麦粉、砂糖、シナモン、しお、バター、卵の7種類
ところがマーケットがお休み
でも急いで荷造りしてヨーロッパ行きの船に乗ります。
イタリア語のお勉強をして、最初に行ったのは、イタリア
上等の麦をもらいます。小麦はね小麦粉になるんだよ
次は汽車に乗ってフランスへ
上等の卵を産む鶏をもらいます。
そしてヨットに乗ってスリランカへ。

この本世界地図がのってて、女の子がどこを回ったのか見れるんだよ(見返し)

小麦を挽いて小麦粉にしてそうやってアップルパイを作ります
そうしている間にお友達を招待
お友達(行った国の子ども達ですよ)と7人でおいしいアップルパイを食べちゃいます。
このお友達、旅した国で出会ったお友達みたいですよ。 探してみてね。

「とおりゃんせ」のわらべうた知ってる?
「とおりゃんせとおらんせ〜このこの七つのお祝いにお札をおさめに参ります」
7つのお祝いのお話
あしたは7つのお祝いに神社におはらいを受けにいきます。
その夜ねむれないでいるとふとんのあしもとに髪の長い男の子が現れて
「早くしないと間に合わないよ」
「これから通る5つの場所でお札を1枚ずつ見つけて天神様に差し上げないと明日七つになれないんだ」
7つになれないと言われて赤い道を通っていきました
ページをめくるごとにみんなも一緒にお札を探して天神様に渡して下さいね


神様のお話はいろんなところにありますが夜空の星にも色んな神様のお話があります。
7に関係ある星座というと「北斗七星」七つの星が柄杓の形に並んで北極星の周りをぐるっと回っています。中国にこの星座にまつわる話として「七匹のぶた」というお話があるんだって
このお話がのっているのは
昔、星を見て未来に何が起きるのかを占うことが出来るおぼうさんがいて、王様や人々にいつも頼りにされていました。
ある日お婆さんがたずねてきて、息子は何も悪いことをしていないのに王様が牢屋に閉じ込めた、どうか助けて」とお願いされます。
次の日、おぼうさんは寺で働く男に、町外れの誰も住んでいない家に隠れていると日暮れに何かがやってくるはず、それを全部つかまえてきておくれ、といいます。
捕まえられた豚をおぼうさんはかめに入れてふたをしっかり締めました。
次の日、寺に王様の家来がやってきます
「ぼうさまぼうさま、王様が大変お困りじゃ。いますぐ城へきてくれ」と言われます。何がおきるんでしょう?

北斗七星、七つ星について、こんな言葉を残した人がいます
七つ星七つ数へて秋涼し 大場白水郎(はくすいろう)
これなんだかわかる?
俳句といいます。
俳句って言葉を575の音に並べて作ります。
つよしくんのクラスで国語の時間、先生が変なことを言い出しました
「今からしゃべる言葉は五、七、五のリズムでいしゃべるんやで」
さっと手を挙げたのはみさき
「きっとこれ はいくをつくる ためなんや」
575になってるね。
つよしくんは全然できなかったの。本当は春夏秋冬を表す言葉を入れて作るのが俳句なんだけど、先生はそれは今回は梨でとにかく575で作ってと宿題が出てしまいます。
おばあちゃんに相談すると
「じっくり観察することからはじめるんやな」と言われ
観察して作った俳句を家族に夕食後発表します
「とうちゃんは くつしたズボン ぬいだまま」
「かぎどこや いつもとうちゃん さがしてる」「ながでんわ 二時間十分しんきろく」「たちばなし いつまでつづく つきがでる」
「しょうじきにいうたらおこらん いうたやん」
でも評判は良くありません。父ちゃんはあら探ししてるみたいな俳句やなって。
みんなが楽しくなるような俳句を作りたいなーと悩むつよしくん、とうちゃんが動物園に連れて行ってくれることになりました。そしたら美咲ちゃんに会ったの。今度は楽しい俳句が出来るかな

みんなも575でしゃべってみたくなるかもね
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-11-07

Comment







管理者にだけ表示を許可