FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › あ行の作家 › 『世界で一番かわいそうな私たち」綾先隼
2019-11-10 (Sun)  21:41

『世界で一番かわいそうな私たち」綾先隼


☆☆☆+
内容紹介
戦後最大の未解決事件<瀬戸内バスジャック事件>に巻き込まれた十年前のあの夏から、声を失った三好詠葉、十七歳。彼女は舞原杏が教壇に立つフリースクール――静鈴荘で傷を抱える子どもたちと学び、穏やかに暮らしていた。佐伯道成が教師として働きはじめるまでは……。詠葉の揺れる心に気付かぬまま、生徒の不登校を解決しようと奮闘する佐伯。彼が辿り着いた正解とは?

フリースクールには、あのバスジャックの被害者が二人
詠葉と16歳で小説家としてデビューしている舞原詩季。
詩季がその事件の告発本を書き、世に出す了解を得ようとたずねてきたことで知り合う。

フリースクールに拾われた佐伯道成は、正義感が勝ちすぎて危うい感じ。
フリースクールに通うようになった高校生島田裕貴。
彼が不登校になった理由を佐伯が探る過程が隠された悪意を暴くミステリーになっている。
その物語とは別に最後に明かされる秘密

隠された悪意、があちこちにあるのかなー
2幕も楽しみ。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-11-10

Comment







管理者にだけ表示を許可