FC2ブログ

『本好きの下克上 第二部 神殿の巫女見習いⅠ』香月美夜


☆☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
洗礼式を終えたマインは「青色巫女見習い」として、神殿での仕事を開始する。そこには待望の図書館と本が待っていた!夢叶い、期待に胸が膨らむマインだが、多くの問題にぶつかってしまう。困った側仕えたち、貴族出身者が突き付ける階級社会の現実など、これまでの常識が全く通じないのだ。おまけに虚弱な体も相変わらず。そんなマインは仕事の合間に、孤児院の酷い実態を知る。どうしても放ってはおけず、ルッツと共に改善に奔走するが…。社会の厳しさなんか吹き飛ばせ!ビブリア・ファンタジー第二部開幕!書き下ろし番外編×2本収録!
マインの行動範囲が広がって、登場人物がグンと増えてきた。
神管長、マインの側仕えの灰色神官のフラン、マインの側仕えの灰色神官見習いギル、マインの側仕えの灰色巫女見習いデリア。
貴族と平民の身分の差もあらわになってくる。
平民出身のマインを憎む神殿長は、問題児のギルとデリアを側仕えにつけるが
マインが行う次々の改革に、二人ともマリアを慕うように。

人物が増えても、しっかりその育った背景が描かれて登場人物達の思いが読み手に伝わりやすい。
出来ない事、ない物に対して、解決方法をまず考えようと奔走するマインは可愛いし
そんなマインを守りたい、力になりたい、とそれぞれの立場で変化していく人たちを見るのも楽しい。

ルッツの家族崩壊の危機に、マインの人脈と、神官長の優れた調停役によって、頭ごなしにルッツを否定するとしか見えなかったルッツの父親の、彼なりの息子への愛情が見えて、家族に認められてルッツが商人として生きていく事が出来るようになった場面とか、お針子見習いの姉トゥーリがマインの商売上の保護者であるベンノの妹で自分の攻防を持つお針子のコリンナと出会いお針子として上を目指したいと、自分にも出来るかもと希望を持つようになったり。

みんながそれぞれの愛情や誠実さを持って、頑張ったら何かが生まれてくる、というこの世界のなんと心地よい事。
シリーズをゆっくり楽しみたい
スポンサーサイト



0 Comments