FC2ブログ

『かか』宇佐見りん


内容(「BOOK」データベースより)
19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。鍵をかけたちいさなSNSの空間だけが、うーちゃんの心をなぐさめる。脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位…自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。彼女はある無謀な祈りを抱え、熊野へと旅立つ―。未開の感性が生み出す、勢いと魅力溢れる語り。痛切な愛と自立を描き切った、20歳のデビュー小説。第56回文藝賞受賞作。
うーちゃんのかかへの強い愛と憎しみ
女である事、から発する不幸に
答えを見つけようとする少女

冒頭の湯船の赤い金魚のシーンが印象的で
すっと物語の中に入っていった。独特の言葉遣いもこの物語にはあってると思う

女である事にすごく捕われていたり(この家庭環境であるからだけれども)、こだわった描写が独特

何よりその文体
じぶんのことを「うーちゃん」と呼び、
「おまい」と呼ぶ弟に語る。
それは
「かか弁」とうーちゃんが密かに呼ぶ母親の言葉遣い
「ありがとさんすん」・・ありがとう
「まいみーすもーす」・・おやすみなさい
こどもたちのことを「ふたりのえんじょおさん」って可愛いな。かかの繊細さを感じる。エンジェルさんってこと。

語り手は19歳の浪人生うーちゃん。
進学校に入ったうーちゃんは、母が「はっきょう」して学校にもあまり行かなくなって
うーちゃんの属する世界は家とSNSだけに。


かかの手術前日の入院日、うーちゃんは旅へ出発する。

自分をしゃんと見極め、目的を果たすためには、旅に出る必要があったのです。
 みっくん、うーちゃんはね、かかを産みたかった。かかをにんしんしたかったんよ。


うーちゃんが小学校に入った頃、ととは浮気で家を出、
かかの姉の夕子ちゃんが亡くなって娘の明子が一緒に住むようになった
うーちゃんが一緒に住んでいるのはかかと、その両親、明子、みっくん。

お酒に溺れ、
声を出して泣き
うーちゃんにからみ
お酒と薬を一緒くたにしては飲んで暴れたり
自分の傷を何度もなぞって深くしていき
自傷するかか

ピーラーに血とささくれみたいな皮がついとるんよ。


かかの痛みを自分の痛みとして感じるうーちゃん

明確なかかに対する憎しみと愛

うーちゃんの心のよりどころはネットのSNSの中の世界

鍵かけて撃ちにこもっていれはネットはぬくい、現実よりもほんの少しだけ、ぬくいんです。
 中略
コンプレックスかくして、言わなくていい事は言わずにすむかんです。


ウーちゃんは和歌山県の熊野を目指している

うーちゃんはにくいのです。ととみたいな男も、そいを受け入れてしまう女も、あかぼうもにくいんです。
そして自分がいっとうにくいんでした。じぶんが女であり、孕まされて産むことをきめつけられるこの得体の知れん性別であることが、いっとうがまんならんかった。


かかの何度もの叫びには
ババが夕子ちゃんの遊び相手としておまけに産んで
だからかかは愛されなくて
ととなら愛してくれると思って結婚したのに愛されなくて
と愛情への渇望が多くを占めている

うーちゃんは疲れきってる
大好きなかか
でも殺したい程憎いかか

性的なことをにくむ心持ちなんていうものは思春期にはありふれた感情なんでしょうが、うーちゃんはいつまでもそいばっかし固執してました、納得できんかった。あかぼうが母と出会うためには、なんでそいを介さないといけないんでしょうか。うーちゃんはどうして、かかの処女を奪ってしか、かかとであうことができなかったんでしょうか。
 今度こそうーちゃんはかかをこわさずに出会いたかったかん、たったそいだけのために、かかをにんしんしたかった。


今後楽しみな作家さん
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments