fc2ブログ

『鎌倉うずまき案内所』青山美智子

b
☆☆☆☆
『木曜日にはココアを』で第1回宮崎本大賞を受賞し、『お探し物は図書室まで』で本屋大賞にノミネートされた人気作家・青山美智子氏の最新文庫です。主婦向け雑誌の編集部で働く早坂瞬は、取材で訪れた鎌倉で、ふしぎな案内所「鎌倉うずまき案内所」に迷いこんでしまう。そこには双子のおじいさんとなぜかアンモナイトがいて……。YouTuberを目指す息子を改心させたい母親。結婚に悩む女性司書。クラスで孤立したくない中学生。気づけば40歳を過ぎてしまった売れない劇団の脚本家。ひっそりと暮らす古書店の店主。平成の始まりから終わりまでの30年を舞台に、6人の悩める人々を通して語られる、心がほぐれる6つのやさしい物語。最後まで読むと、必ず最初に戻りたくなります。
時代をさかのぼって人生が語られるって面白い
最後まで読むと、ではなく途中途中で前に戻ってその人の事を確認するの楽しかった。
色んな人の人生が、時を超えて繋がり合って
何度読んでも楽しめそう。

ちょっとした奇蹟で、その人が背中を押されたり、優しくなったりっていうそれぞれのエピソードもとてもいい。
関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント