FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › ブックトーク › ブックトーク・・・小学生対象 テーマは「森」
2009-12-25 (Fri)  08:27

ブックトーク・・・小学生対象 テーマは「森」

今年最後の小学校放課後教室への出張貸し出し。
貸し出し前の読み聞かせと、ブックトークは「森」をテーマに行った
読み聞かせたのはこの絵本。
きりのもりのもりのおくきりのもりのもりのおく
(2008/08)
ニック シャラット

商品詳細を見る

半透明の紙に浮かび上がる真っ黒い影。
「きりももりのもりのおく、そこにいるのは、だれ?」という語りかけで
ページを捲ると鮮やかな色で物語の登場人物(魔女やシンデレラ、白雪姫など)が
あらわれる。ページを捲るとき、森の奥に分け入るようなワクワク感をみんなで共有しました。

ブックトークしたのは以下の本。
もりのおかしやさん (もりはおもしろランド (2))もりのおかしやさん (もりはおもしろランド (2))
(1979/04)
舟崎 靖子

商品詳細を見る
とてもかわいいシリーズで、森の中に色んなお店があります。低学年によく読まれます。このお菓子屋さんは誕生日にその動物の姿に似せたケーキをやいてくれます
もりのサンドイッチやさん (創作こども文庫)もりのサンドイッチやさん (創作こども文庫)
(1990/03)
舟崎 靖子

商品詳細を見る


「ノースウッズの森で」大竹英洋/写真・文
  ノースウッズに住む大竹さんが森を歩いて出会った動物や自然現象。
  森にたくさんの命があることを感じられます。
  文章も子どもたちへ読み聞かせてもいい感じです。

森の写真動物記〈6〉樹洞 (森の写真動物記 6)森の写真動物記〈6〉樹洞 (森の写真動物記 6)
(2008/10)
宮崎 学

商品詳細を見る
樹の穴を利用する動物たちの姿が映されています。シジュウカラの巣作りからヒナが育つ様子までの写真とか、せっかく育ったのに蛇に飲まれちゃったりとか、森の中で色んなことが起こっているんですね。

今森光彦の楽しい切り紙今森光彦の楽しい切り紙
(2008/01/25)
今森 光彦

商品詳細を見る
はさみのみでできるんです。でも繊細。一番簡単なカエルを切り取って紙に貼って栞にしてみせたら、1年生の子がどうしても作りたいと借りていきました。高学年向きの作品が多いのですが、あとでかえるとチョウチョの下絵を写し取るのだけをしてあげたら、器用な子ではさみで切り取りとっても得意そうに見せてくれました。

森のなかの海賊船  (こそあどの森の物語 (3))森のなかの海賊船 (こそあどの森の物語 (3))
(1995/07)
岡田 淳

商品詳細を見る
このシリーズ読み出すと面白いです。古い書物の裏に隠されていた、こそあどの森の中に船を作ってしまった海賊の切ないお話が読み手の心をぐんぐん引き込みます。読める子は中学年から読めます。


おさるのもり (どうわがいっぱい)おさるのもり (どうわがいっぱい)
(2003/07)
いとう ひろし

商品詳細を見る
これもシリーズで出ている作品で低学年から読めます。大きくなるっていう事は、少しずつ色んな事ができるようになっていくもの。それを見守る家族や仲間や自然。ふふっと笑えるお話

大きいツリー小さいツリー (ゆかいなゆかいなおはなし)大きいツリー小さいツリー (ゆかいなゆかいなおはなし)
(1977/01)
ロバート・バリー

商品詳細を見る
「みんなのお家に天井より高いツリーの木が届いちゃったらどうする?」と聞いたら「切るー!」。そうです。このお話、先っぽがどんどんきられて、色んな人や動物たちのツリーとして飾られていく物語。


良かったら、クリック応援おねがいします。

FC2Blog Rankingにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可