FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › あ行の作家 › 五十嵐貴久 › 「サウンド・オブ・サイレンス」五十嵐貴久
2012-01-04 (Wed)  22:01

「サウンド・オブ・サイレンス」五十嵐貴久

サウンド・オブ・サイレンスサウンド・オブ・サイレンス
(2011/10)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

☆☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
あたし夏子、高校一年生。クラスに春香っていう一人ぼっちでいるのを気にしない女の子がいた。いじめの経験があるあたしは、彼女がどうして平気なのかわかんなかった。でも彼女はそうするしかなかったんだ。耳が聴こえなかったから。春香をきっかけに、あたしはろう学校に通うダンス好きの美紗と知り合った。最初のうち、春香を美紗を避け、一緒にダンスすることも大反対。美紗が一人で練習をしているとき、同じように一人で踊る女子大生の澪さんと出会った。澪さんも耳が聴こえなかったんだ。生まれつき聴こえない、幼少期に病気で聴こえなくなった、最近事故で聴力を失った女子三人によるダンスチームが結成。あたしは彼女たちのマネージャーに。さらに、澪さんがコーチ(それも男性!)を引っ張ってきたんだけど、そのコーチもちょっといわくつきで、ダンスチームは波瀾万丈、もうたいへん!困難はあれど力をあわせて前向きに生きる、ポップな青春小説登場。

音楽は、国が違っても、年代が違っても
聞こえなくても
楽しめるってすてきな文化だ。
イジメにおびえる女の子の独白から始まるこの物語。
気持ちの表現が、話し言葉で直に伝わって
ぐいぐい読まされてしまう。
明るくて、前向きで、いつでもはじけてるような美沙がかわいい。
ろう者であることのハンディキャップ
けれど好きなことに打ち込みたいって気持ちは
聞こえる、聞こえないに関係ない。
コンテストに向かっての一生懸命な練習や
当日の緊張感など
青春ものの王道
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可