FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › ヤングアダルト/ライトノベル › 「雨月物語」 金原瑞人
2012-11-05 (Mon)  17:03

「雨月物語」 金原瑞人


雨月物語: 魔道、呪い、愛、救い、そして美の物語集 (ストーリーで楽しむ日本の古典)雨月物語: 魔道、呪い、愛、救い、そして美の物語集 (ストーリーで楽しむ日本の古典)
(2012/07/30)
金原瑞人

商品詳細を見る

☆☆☆
内容紹介
翻訳者ならではの比較文学的な要素をもったユニークな現代語訳。文芸部の生徒たちの発表形式で、今風の親しみやすい言葉から、すらすら読める。古典の入門書にぴったり。

現代の高校の文芸部の9人がそれぞれ1話ずつ自分なりに語って紹介、というかたちをとっている。
この文章は、文学に熱い少年少女達が(いるかな)
解説して話してくれたら楽しいなって思う。
読むよりも。
似た物語として他の文学作品をさらっと紹介していて、
それはちょっと読んでみようか、という気になる。

メモ
「仏法僧」となんか似てる・・「ヤング・グットマン・ブラウン」ナサニエル・ホーソン
ブラウンって若者が結婚してある晩、森の奥で黒ミサに出くわす話

『吉備津の釜」は予言を無視したために起こった悲劇・・「オディプス王」は予言を信じ、そうならないようにしたために起こる悲劇

「青頭巾」と少しだけ似てる・・「エミリーにバラを一輪」ウイリアム・フォークナー著
             愛ってすげえよ。グロテスクで気味悪いけど、すげえ(本文)
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可