FC2ブログ

ブックレストラン

読んだ本の記録、感想,評価。☆☆☆☆☆:大好き、出会えて良かった。~☆途中でやめたくなった。まで個人的な評価です。基本的に☆3つ以上はオススメ

Top Page › ブックトーク › ブックトーク 小学校対象 テーマ「つみあげうた」
2013-02-08 (Fri)  21:19

ブックトーク 小学校対象 テーマ「つみあげうた」

小学校放課後教室への出張貸出
テーマは「つみあげうた」
ブックトークというよりは、
つみあげうたの楽しさを知って
作ってみよう、といったアニマシオン的活動です。
はじめに、
藤田浩子のおはなしの小道具セット 3 わらぶき屋根の家/林の中から/くるくる変わり絵(にわとり編・ ([バラエティ])藤田浩子のおはなしの小道具セット 3 わらぶき屋根の家/林の中から/くるくる変わり絵(にわとり編・ ([バラエティ])
(2009/01)
藤田 浩子

商品詳細を見る

の、「わらぶき屋根の家」をやりました。

「これは、わらぶき屋根です」
から始まって、ちょっとずつ絵を引き出して
「これは、わらぶき屋根にすんでいるおひゃくしょうさんです」
とつないでいきます。
「これは、わらぶき屋根にすんでいるお百姓さんの飼っている馬のお尻から出たばふんです」
で「きたなーい」とか騒ぎながらも子どもたちの顔はニコニコです。

こういうのを「積み上げ歌」というのだけれど、もっと長いのがあるよ
と次にこの本を読みました

これはのみのぴここれはのみのぴこ
(1979)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る

これは覚えてしまうくらい練習して
どんどん早口で読んでいきます。
途中から、子どもたちは
クスクス笑い出して止まらなくなりました。

子どもたちを4〜5人のグループにわけ(高学年がどのグループにも入るように)
こちらで用意したお題を裏返しにして子どもたちに引かせます。
「これは、いえのかぎです」
数行開けて
最後「家のかぎです」
とか
「これは、ぞうのあしです」
数行開けて
最後「ぞうのあしです」
とか書いた紙に間に自由に書いていきます。
積み立て歌になるように。
低学年には難しいのだけれど、結構色々考てでてきました。
うまくつながらないときはちょっとヒントをあげたりすると
「あーわかった」とかいって作っていました。
なるべく長い時間悩まないように、すべてのグループを見回って
ヒントを出し惜しみせずに与えていきます(楽しむことが重要なので)
仲間内の名前がいっぱい出てくるものになったり
「これはのみのぴこ」のマンガを読むお母さんが印象にのこったのか
〜のマンガを読むお母さんが拾ったマンガをとった〜の
というようなものが出来上がりました。

発表した後、
教科書の「ふたりはともだち」のかえるくんとがまくんのおはなし書いた人も
つみあげうた作ってるんだよ、と
読み聞かせ

わたしの庭のバラの花わたしの庭のバラの花
(1993/07/30)
アニタ ローベル

商品詳細を見る

これは最後にオチのあるつみあげうた
ふるえているネズミが出てきたところから
ちょっとドキドキして
最後クスっとなります。



スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可