FC2ブログ

ブックトーク 中学1年生対象 テーマ「行ってきます!世界を見てくる」

昨日中学校のブックトーク
2時間目1年生、3時間目2年生、4時間目3年生。
先週の金曜日、1時から3時半まで会場準備。
中学校の2階多目的教室に、本を運び(農業用コンテナにびっしり詰めて、25箱ほど)平台のみの本の展示場を作り、前には絨毯を引いてブックトーク会場を作った。
ブックトークの時間は30分、その後貸し出し。
今週いっぱい場所を1階玄関前ロビーに移して貸し出し。休み時間と放課後に図書館職員がつく。

1年生担当
シナリオ
シナリオ
朝家を出る時、なんて言って出ますか?
家から「行ってきます」って出かけると、色んなことに出会って、知らないことを知って、目には見えないけどきっとちょっとだけ成長して、賢くなってただいま、って戻ってくる、そんな毎日を積み重ねているみんなに、
今日は「行ってきます。世界を見てくる!」というテーマで本を紹介していきたいと思います。

みなさんのなかにこの絵本に見覚えのある人いるかな?
『せかいのひとびと』

せかいのひとびと (児童図書館・絵本の部屋)せかいのひとびと (児童図書館・絵本の部屋)
(1982/01/20)
ピーター・スピアー

商品詳細を見る

広い宇宙に浮かぶ地球。ここに住む人々は、なんて色々なんだろう、って小さな子にも感じられるように描かれているのがこの絵本。
目の色がちがうでしょ、離す言葉も色々。
宗教だって色々。
食べる物だってちがうよ(ページをパラパラめくりながら)
絵本にしては多いページ数でこんなに色々違うよね、って
この本表紙をめくって次のページ、人の始まりのアダムとイブの世界が描かれていて
次のページ、こんなに人が増えて
ここ、ギリシャの詩人の言葉らしいんだけど、こんな言葉が書かれているんだよ。
“汝自身を知れ”とはよく言うけど、こりゃうまくないね、“他の者達を知れ!”この方が効き目はあるさ。

じゃあ違いをもっと知る本を見てみましょう
『世界の住まい大図鑑』

世界の住まい大図鑑 地形・気候・文化がわかる世界の住まい大図鑑 地形・気候・文化がわかる
(2013/04/07)
野外民族博物館リトルワールド

商品詳細を見る

日本の中でも北海道と沖縄では気候が全然違うけど、世界中だともっと違うよね。家って、その地方の気候や環境に合わせて作るから、いろんな家があるんですね。

日本の民族衣装は?
『民族衣装絵事典』

国際理解に役立つ民族衣装絵事典―装いの文化をたずねてみよう国際理解に役立つ民族衣装絵事典―装いの文化をたずねてみよう
(2006/03)
国立民族学博物館

商品詳細を見る

民族衣装を見ながら世界一周、という構成になってる本

『世界の島大研究』

世界の島大研究世界の島大研究
(2010/06/17)
不明

商品詳細を見る

世界遺産第1号は、島なんだって。ガラパゴス島
10年間かけて、自然エネルギーのみで島のエネルギ=をまかなう島があるんだよ。
『海のうえに暮らす』

地球ものがたり 海のうえに暮らす地球ものがたり 海のうえに暮らす
(2013/04)
関野 吉晴

商品詳細を見る

バジョという人々のこと、私この本で初めて知りました。この本を書いた関野さんはお医者さんで冒険家で、旅人で世界中のいろんな民族を紹介してきた人です
本当にこんな人たちがいるんだってびっくりするよ。
ずっと海の上で暮らすの
ほんと人間の暮らしってこんなに違うんだなって思いました。

関野サンみたいに知りたいことのためにどこまでも行っちゃう人たちとビートたけしさんが対談した本があります。

たけしのグレートジャーニーたけしのグレートジャーニー
(2014/05/16)
ビート たけし、関野 吉晴 他

商品詳細を見る

11人の人とたけしさんが話すんだけど、最初は今紹介した関野さん。バジョの話もちょっと出てくるよ。
他にどんな人たちと話したかというと、こんな研究をして、本を出している人たち。
(図書館に所蔵で中学生でも読めそうな本を出していく)

シロアリ――女王様、その手がありましたか! (岩波科学ライブラリー 〈生きもの〉)シロアリ――女王様、その手がありましたか! (岩波科学ライブラリー 〈生きもの〉)
(2013/02/07)
松浦 健二

商品詳細を見る


ゴリラ図鑑ゴリラ図鑑
(2008/11)
山極 寿一、田中 豊美 他

商品詳細を見る

野生のゴリラと再会する: 二十六年前のわたしを覚えていたタイタスの物語野生のゴリラと再会する: 二十六年前のわたしを覚えていたタイタスの物語
(2012/12/21)
山極 寿一

商品詳細を見る


もし富士山が噴火したらもし富士山が噴火したら
(2011/12/23)
鎌田浩毅

商品詳細を見る


長沼毅の世界は理科でできている 動物長沼毅の世界は理科でできている 動物
(2013/10)
長沼 毅

商品詳細を見る

この長沼さんのエピソード紹介しますね
彼は生物学者で、南極にか砂漠とか地底とか深海とか色んなとこに行っちゃうので科学界のインディジョーンズって言われてるんだって。で宇宙にも行きたかったらしく、宇宙飛行士の試験を受けたそうです。その時いっしょだったのが今宇宙飛行士の野口聡一さん。で面接官は余市出身の宇宙飛行士毛利さん。知ってるかな?
長沼さんが、面接のときに「深海にも行った人間が宇宙にも行ったら凄いじゃないですか」って言ったら毛利さんが「じゃあ、私が行けばいいですね」って7年後に本当に深海調査に参加して行っちゃったんだって。そんな風に専門の話だけではなく、いろんなエピソードをたけしさんが引き出してておもしろいです。
こういう本は、小説とかと違って、興味のあるとこだけ読んでもOKの本ですね。

関野さんも凄い人だけど、次に紹介する石川直樹さんという人も凄い旅人です。
彼は人の行かないようなところにも行くので冒険家、と言われることもあるのだけれど、冒険とは遠くへ行くことではなく、心を揺さぶる何かに向かい合って生きることではないかと、この本の中で著者の石川直樹さんは書いています。心を揺さぶる何かにみんなも出会えるといいね
『いま生きているという冒険』

いま生きているという冒険 (よりみちパン!セ)いま生きているという冒険 (よりみちパン!セ)
(2011/10/04)
石川直樹

商品詳細を見る

初めて海外へ一人旅したのは高校2年の時。世界史の先生に影響されて、インド、ネパールに一人旅するんですね。石川君のインドの第一印象「どんでもないところにきてしまった・・」で身も心もへとへとになってネパールに向かうことにしたのですが、その途中、複数の男達に囲まれ、ザックをつかまれ、前に立ってた男はつき立てた親指をのどに当て、横に動かします。「地獄に落ちてもらうぜポーズ」とでも言うのでしょうか。もしかしたらこのまま身ぐるみはがされてガンジス川にうかぶことになるかもしれない。僕のTシャツは冷や汗でぐっしょりぬれていました。
波瀾万丈はじまりそうでしょ。でのめり込んで読んじゃいました
この本2006年に出てるんだけれどもそれまでに石川さん世界中あっちこっち行ってるんだよ。そのことがたくさんの写真とともに語られます。優しい文章で、彼の行った先での大変な出来事はもちろん、彼がその旅で感じたことや考えたことが凄く伝わる本でした。
この本にも紹介されているのだけれど彼が23歳の時、世界7カ国8人の若者たちで北極から南極まで1年近くをかけて旅をする、という国際プロジェクトに日本代表として参加しました。その時の日記が1冊になっっています。

この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録
(2001/05)
石川 直樹

商品詳細を見る


次は物語で世界を巡るよ。
中学1年生の男の子が、国際研修プログラムっていうのに参加して、色んな国に行くお話です。
『リョウ&ナオ』

リョウ&ナオ (飛ぶ教室の本)リョウ&ナオ (飛ぶ教室の本)
(2013/09/05)
川端裕人

商品詳細を見る

小学6年生の時、仲良しのいとこナオが死んでしまいます。
P30読む
実はリョウはある国際的な教育団体に選ばれて様々な国で行われる研修に参加することになったの。さっき出てきた女の子はナオミという名前なんだけどそのこと他に北アメリカ、中東、インドの少年少女たちといっしょに活動することになりました。
この本を書いた、川端裕人さんという人、ノンフィクションの作品も実際に現地に行って書いているような人で、この本は物語なんだけど、リョウ達が行く国の問題がとてもリアルに描かれていて、自分もその場に身を置いているような気持ちになるところが凄いんだよね。
この物語の中で凄くリョウがすごく成長するんだよね。だからそれを読むと余計にお医者さんになってアフリカの子ども達をいっぱい助けたいと言っていたナオの夢が叶わなかった切なさも、ナオが生きられなかったことの辛さを感じてしまう物語でもありました。

じゃあ次はスイーツを食べるたびに出るよ。
『つくって楽しい!世界のスイーツ』

つくって楽しい!世界のスイーツ〈3〉西ヨーロッパ・アフリカのスイーツつくって楽しい!世界のスイーツ〈3〉西ヨーロッパ・アフリカのスイーツ
(2013/10)
宮沢 うらら

商品詳細を見る

この本のいいところは、これ私でもつくれるんじゃない?って言う簡単な作り方ばっかりなとこ。
例えばアジアのスイーツ ベトナムのフルーツのチェー。フルーツいっぱいのかき氷。熱いときにおいしそうだよね。

南アフリカを舞台にした小説です。
『路上のストライカー』

路上のストライカー (STAMP BOOKS)路上のストライカー (STAMP BOOKS)
(2013/12/21)
マイケル・ウィリアムズ

商品詳細を見る

南アフリカに隣接するジンバブエ、という国に住むサッカーが大好きな少年デオが年の離れた兄をつれて南アフリカを目指し移民として暮らし始める、という物語です。
実は、物語の始まりで、彼らの村が大統領の兵隊に襲われ、デオの家族も村人も虐殺されてしまいます。
デオの視点で描かれていきますが、最初の兵隊達がやってきた場面から怖くて、緊張感いっぱいの場面展開でデオたちの人生がどうなるのか、読みやめることが出来ない、そんな本でした。
作者は南アフリカの出身でジンバブエからの難民にインタビューをしてこの物語を書いたそうです。
かれが国境をこえるため、案内人のレノックスについて自然保護区を抜けるときの場面を読みますね
P125〜読む
こんな思いをして南アフリカに着きますが南アフリカでも彼らは悲惨な出来事に巻き込まれます。

生きる希望を失い路上でくらし、シンナー中毒になっていたデオを救ってくれたのがサッカーです。物語では南アフリカで行われるサッカーのワールドカップの始まる1か月前にストリートサッカーのワールドカップが開かれることになっていて南アフリカ代表チームを育てている監督に拾われて選手となっていくんですね。このストリートサッカーのワールドカップも実際に行われている、モデルがあるそうです。色んな事情で路上生活をせざるを得なくなった人々の再起をスポーツで後押ししようというものなんですね。

世界の不公平な現状を多くの人に訴えることが出来る一つの方法が人の心を打つスピーチ。有名なスピーチ色々ありますが、ウルグアイという国の大統領のスピーチを紹介します。
『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
(2014/03)
不明

商品詳細を見る


ウルグアイは南米ブラジルとアルゼンチンに囲まれた南米では面積の小さな国です。
日本の面積の半分くらい。
この国のムヒカ大統領は世界一貧しい大統領として知られているそうです。2010年から大統領になった人なのですが、大統領公邸には住まず、給与の大部分を寄付して今も質素な生活をしているそうです。

何故、彼が大統領になっても当然住むはずの大統領公邸には住まず、町から離れた農場にくらし、古びた愛車を自分で運転するというような生活にこだわっているのか、
2012年に地球環境問題に関する国際会議がリオで開かれたのですが、そのときの彼のスピーチを知ると、その謎が解けます。
この絵本はそのときのスピーチを子どもにもわかるようなことばで翻訳しています。
そこでスピーチした各国の代表の中で、何故彼の言葉が世界中に広がっていったのでしょう。彼の言葉をみんなに伝えなくては、と思った人がたくさんいたんですね。
少し読んでみますね。

色んな世界、考え方の本を紹介してきましたが最後に日本に帰りましょう。
時代も飛んじゃうよ。平安時代行きます。

平安女子の楽しい!生活 (岩波ジュニア新書)平安女子の楽しい!生活 (岩波ジュニア新書)
(2014/05/21)
川村 裕子

商品詳細を見る

「平安女子の楽しい!生活」

平安時代の女子たちのエピソードがいっぱい詰まった本。
平安時代の女子と言えば誰を思い浮かべますか?
小学校5年生の国語でちょっと出てくる人だと、清少納言とか紫式部も聞いたことあるかな。その時代の女子たちのライフスタイルが書かれているんですが、
中学1年生でも携帯持っている人結構いるのかな?メールとかしますか?若い人はメールとかラインとかで短い文章を豆にやり取りする方が電話より多いそうだけど、外国はそうでもないんだって。実は平安男子や女子達も今のメールみたいに一日に何度も手紙を送り合っていたんだって。で、大事なことは即レス。すぐ返事を書くことが平安時代も大事だったんだって。昔の遺伝子受け継がれてきてるのかなあなんて思っちゃうね
平安の恋バナとか、私たちがよく使うメールでの絵文字とかラインでスタンプ押したりとかに通じる平安メールの必殺技とか、読まれることが前提の日記なんて、今のブログとおんなじ。物が変わっただけで平安時代なんて12単だし凄い昔と思ったのにえーっそうなの?、って思うよ。
スポンサーサイト



0 Comments